つくばランチ食べ歩き2

茨城県つくば市中心に飲食店やレストラン、ケーキなどのお菓子の情報を、一般客の視点で描くグルメブログ。お気に入りの店には、おすすめ度をつけました。

和菓子/甘味

道明寺 桜餅(その2)あずき庵@つくば



道明寺桜餅、第2弾。『菓匠 あずき庵』。つくば市に平成19年頃オープンした。

長閑な県道143号沿い、建物もまばらな地域にポツンとある小さな平屋建て。

窓に貼られた「さくら餅」の張り紙があったので、立ち寄った≫人気blogランキング

続きを読む

道明寺 桜餅 あさ川



日本の春を感じさせる日本人の風物詩、桜餅。道明寺という桜餅、(1ヶ)120円を、和洋菓子店『あさ川』で買った。

日差しが春めいて、お雛さまの季節が近づくと、無性に桜餅が食べたくなる。

創業明治5年(1872)の『あさ川』は、水戸が本店で、茨城県中心に51の店舗を持つ。つくば市では、筑波西武、アッセ、イーアスつくばカスミ店にあり、買い物のついでに便利。大量生産の菓子店と思いきや、合成保存料を一切使わず、添加物の使用も極力控えてる≫人気blogランキング

続きを読む

翁椿餅 松月堂@水原


 翁椿餅(10本入)¥840

新潟県阿賀野市(旧北蒲原郡)水原町の名物『椿餅(つばきもち)』。小さい頃、私の大好きな和菓子だった。

1.5cm×3cm×10cm程の、拍子木形の半透明な乳白色をした和菓子。10本入りで、ラップと竹皮に包まれ、さらに紺色の包装紙に包まれて¥840。

水原町は白鳥が飛来する瓢湖で有名。道路が良いので、新潟市中心から車で20分で行ける≫人気blogランキング

続きを読む

水郷名物 こうのの大福@稲敷



茨城県稲敷市の(有)鴻野菓子店。

人気の大福は、径5cm程と小ぶりで、白、薄いピンク、薄緑の3色がある。

白と薄いピンクのは絹大福という名で、中にはこしあん、粒あんが入ってる。薄緑のは、よもぎ味になってる≫人気blogランキング

続きを読む

土浦名物 どてきん



土浦市の、きんつば(今川焼、回転焼き、大判焼き、ともいう)の店。

中にこしあんがたっぷり入ってて、いびつな形が個性のよう。

店名は、土手で売ってるきんつば、からついたらしい≫人気blogランキング

続きを読む

伊勢神宮 赤福氷



伊勢土産として有名な『赤福』が販売してるかき氷。かき氷の中に赤福の餡&餅が入ってる。

夏季限定で、三重県内にある直営店(6店)と名古屋の2つのデパート(ジェイアール名古屋タカシマヤ、松坂屋名古屋本店)で食べることができる。

旅館のおじさんに勧められたので、伊勢神宮の門前にある店に立ち寄った≫人気blogランキング

続きを読む

薄皮饅頭 柏屋



薄皮饅頭が有名な店。つくばでは、筑波西武百貨店1階の諸国物産コーナーに毎週、数限定で販売されてる。

薄皮饅頭には、つぶあん、こしあんがあって、こしあんは、つくばのスーパーカスミで売られてる。

福島県を通るといつも、お土産として、自宅用としてこの薄皮饅頭をよく購入する。

今回猪苗代に行ったら、たまたま道沿いに直営店を見つけ、駐車場も広かったので入ってみた。≫人気blogランキング

続きを読む

MOCHI CREAM(モチクリーム)



Q't1階のおしゃれなスイーツ店。2007年3月オープンした。

モチクリームとは、冷凍状態で販売されてる1個158円の大福。

神戸発祥の“これまでにない新感覚のジャパニーズスイーツ”とのこと。≫人気blogランキング

続きを読む
ブログランキング参加中!
最新コメント
QRコード
QRコード
記事一覧
当ブログの記事一発検索!
最新記事(画像付)
記事カテゴリ
Archives
Profile
つくば中心のグルメな食べ歩き情報、茨城のそば、新潟ランチなど

uno:          
 女性,つくば在住十数年 
「つくばランチ食べ歩き」
 のHPを2000年から始め、
 記事を書いた飲食店は  
 600店以上。著書として
 食べ歩きガイドブック
 『つくばランチ完全 
 マニュアル2006』(完売)
 がある。
JRANK人気ブログランキング