長野駅から善光寺へ向かう途中にあるホテル。六角柱型16階建て、客室数241、平成6年開業。

中庭風の場所にエントランスがある。

ゆっくり善光寺をお参りしようと泊まった≫人気blogランキング



フロントは、機能的でビジネスホテル風。

チェックインの手続き後、エレベーターで上階へ。

最上階のガラス張りレストランは、人気のよう。



予約したのは、令和2年に12〜15階を改装して誕生したJフロアのコーナーツイン(27屐法

エレベーターを中心に1周できる廊下の外側に客室が18室程配置されてた。Jフロアだけは各階に、製氷機(無料、ボタンを押すと氷が出てくる)が設置されてる。

Jフロアの客室は、善光寺をイメージした和の雰囲気で、調度品にも上質なもの(ベッドはシモンズ製、シャワーヘッドはミラブル)を備えているよう。



客室ドアを開けると、正面奥へと短めの通路が延びてる。

 


通路左手が、冷蔵庫コーナーになってて、湯沸かし、グラス、アイスペール(氷入れ)がセットされてた。

冷蔵庫脇にはハンガー、スリッパが準備されてた。通路右手の壁にもハンガーがかかってて、クローゼットを扉なしにして、室内空間を有効活用しているよう。

 


通路右手のデスクには、赤いコーヒーメーカーが備えられてた。

コーヒーメーカー脇の黒箱の中には、4種のドリンクカプセル(コーヒー、お茶など)が2ヶづつ、お砂糖などが入ってて、無料で飲める。



通路左手にベッド2台(120cmと140cm)が設置されてて、その奥側が壁掛けテレビ、丸テーブル、ソファーのあるコンパクトなリビングコーナーになってた。



カーテンを開けると、長野市街地とその向こうに山々が見える。

コーナーツインは、2等辺3角形に近い5角形型の客室で、ベッドが大きいため、カーテンが閉まってると狭めな印象だが、カーテンを開けると長野市内が見渡せて開放感がある。



デスク先の右手がバス&トイレになってる。

令和2年に改装したばかりで、浴槽も洗面台も真新しくピカピカ。

浴槽は足を伸ばして入れるゆったりサイズで、シャワーはミラブルだった。

 


洗面台に、アメニティや温泉の素が準備されてた。

長野駅と善光寺の間の、機能的なホテル。ここに宿泊して、朝は早起きして本堂で行われる「お朝事(あさじ)」(日の出とともに本堂で始まる、善光寺全ての僧侶が出仕して行われる法要)へ行く参拝客も多いらしい。

ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


『ホテルJALシティ長野』
 長野県長野市鶴賀1221
 電話:026-225-1131