新潟市の本町市場にある、浜焼きが看板の居酒屋。昨年11月13日にオープン。

外壁に新巻鮭の木箱を使った、簡素な店構え。市場の食堂は美味しくてお得のことが多い。

11月初めに行った≫人気blogランキング




本町交差点から、80m程南に入るとある。

この日、本町市場のアーケード商店街はイベントが開催されてて、家族連れなどで賑わってた。



新潟市中央区に7店の居酒屋を展開する、株式会社WA’sクリエイトによる経営。すぐ近くにある『やきとり横綱』も系列店。

店頭に浜焼き(串打ちした魚介を炭火で焼く)コーナーがあり、お手頃価格の定食メニューがあり、テイクアウトもあった。



入口はビニールカーテンで換気が良い。簡素な建て付けの引き戸もあった。

11:30の開店直後に入店。



店内は意外に奥行きのあった。左手が厨房とそれに面したL字のカウンター席で、通路を隔てた壁寄りにテーブル席が配置されてた。

店内壁にも、新巻鮭の木箱が使われてた。

いらっしゃいませ、と接客担当の男性に迎えられて、席へと案内された。

 
 


昼も酒が飲めるし、定食メニューは昼も夜もあった。現在は中休みないよう。

定食メニューから、ぶりのタレカツ定食、刺身定食各¥800を注文した。

少し待って、新巻鮭の木箱で作ったトレイで料理が運ばれてきた。

 

ぶりのタレカツ定食 ¥800

1.5cm厚のぶりカツ3枚にキャベツが添えてあり、これに、ごはん、みそ汁、漬物、刺身2切が付いてて、値段にしては豪華な定食。

ぶりカツは、甘めの醤油ダレにくぐらせてあり、新潟タレカツのとんかつ政ちゃん風の味付け。

ぶりは、近くで売ってるのと同じ天然物のようで、照り焼きと味が似てるが、カツの方が香ばしかった。ボリュームたっぷりなお得な定食。

 
 
刺身定食 ¥800

刺身定食は、氷を入れたすり鉢に立体的に盛られてて、ごはん、みそ汁、漬物が付いててちょっと豪華。

刺身は5種盛り(南蛮海老、たこ、サーモン、ぶり、鯛)で、どれも鮮度がよく、特に新潟ならではの真っ赤な南蛮海老が甘かった。お得な定食で、食べてる人も多かった。



夜も行った。



様々なグループ客で賑わってた。食事をしてる親子連れもいた。



奥にもテーブル席があり、さらに左手奥にはお座敷席もあるよう。


生ビール:サッポロ黒ラベル ¥450

私好みの寸胴型のジョッキに入ってて、くびれのあるジョッキより飲み応えがある。

お通しシステムはない店のよう。



カウンターには、一品料理の写真入りメニューが貼ってあって、見ながら料理を何品か注文した。


焼なすおひたし ¥420

焼なすおひたしは、小ぶりな茄子が5ヶ程、


つぶ貝刺身 ¥580

シンプルながら立体的な盛り付けで、鮮度がよかった。


瓶ビール(中瓶)
左:気分爽快ニシテ ¥550
右:サッポロラガー ¥550 

瓶ビールを注文。

気分爽快ニシテは、新潟限定のビールで、糖質ゼロなのですっきりとした飲み口。


新潟地酒
左:鶴齢(山廃純米)¥580
右:久保田千壽(純米吟醸)¥680

地酒も注文。一升瓶を持ってきて、目の前でたっぷり注いでくれた。普通の飲み屋よりお量が多めなのにて低価格で、酒好きにはたまらないお得感がある。



浜焼きを注文すると、店頭で、串打ちしてから焼いてくれる。


浜焼き:イカ串 ¥320

炭火で表面こんがり、中はしっとり焼きあがった。


長ネギ ¥280

長ねぎは、卓上コンロの上で自分で焼きながら食べるシステム。


鶏唐揚げ ¥480

鶏唐揚げは、調味料に浸しすぎててなくて、しっと&カラッと揚がってた。

どれもお手頃価格でお得感があり、どことなくノスタルジックで居心地がいい。飲むのにも食事をするのにも便利。

ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


『新潟本町酒場』
 新潟市中央区本町通6番町1107
 
 電話:025-225-2080
 営業:11:30~22:00
 定休日:なし

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。