人形町交差点の50m程南にある寿司店。平成18年にオープンした。

2階外壁を板で覆った(=縦張り押縁仕上げ)、和風の落ち着いた店構え。

天気のいい日は、店頭に冷蔵ネタケースを出して、テイクアウトの寿司や丼を販売してる。

お寿司をテイクアウトしてみた≫人気blogランキング



4階建ビルの1〜2階が店舗になってて、入口扉を開けて営業してる。

 

店主は利酒師とふぐ調理師、女将さんが野菜ソムリエの資格を持ってて、魚介は冷凍物は使わず店主が毎朝市場で目利き、野菜は女将さん厳選のを使ってる。

昼は、店頭の冷蔵ケースの中に、ランチにぎり¥1000や海鮮丼¥900が並んでる。売れてしまってない時は、注文すれば作ってもらえる。



この日は雨だったので、入口入ってすぐの場所に冷蔵ケースを置いて販売してた。

縦に長い方形の店内は、奥が厨房とそれに面したカウンター席、手前が間隔広めに配置されたテーブル席になってた。

厨房では店主らしき40代位の男性が、カウンター席の後ろでは女将さんらしき30代位の女性が働いてて、接客&販売担当の女性や若い板さんと3〜4人で店を切り盛りしてるよう。

いらっしゃいませ、と接客&販売担当の女性に迎えられて、海鮮丼¥900を購入した。

 

ランチ:海鮮丼 ¥900

海鮮丼は、刻み海苔を散らした酢飯の上に、(手前から)つぶ貝、イクラ、甘えび2尾、イカ、白身魚、マグロ、しらす、玉子が、ガリ&大葉を添えて、きれいに盛られてた。これに、醤油&皿が添えてあった。

甘えび2尾は、卵が付着してて色鮮やかで、しっかり甘い。イカとつぶ貝は張りがあって、鮮度&質の良さが感じられる。マグロは大きめで、脂がのってて中トロっぽい。しらすは形が整ってて口当たりよく、イクラは大粒で光ってた。

つやつや立体的な酢飯は、ほんのり温かく、塩分程よく&酸味マイルドで、魚介の甘さや風味を引き立ててた。

この値段ではめったに出会えない質&量の海鮮丼で、大満足できた。

 

夕方からは、野菜ソムリエの女将さん手作りの旬野菜を使った総菜やドレッシングなどが販売されてて、テイクアウトのお寿司は10%引きで購入できる。

お寿司は、事前に時間指定で注文しておくと、待たずに受け取れる。

 

中にぎり ¥1170(¥1300の10%引き)

中にぎりは、にぎり7貫(マグロ2ヶ、イカ、白身、すし海老、ほたて、イクラ軍艦)に玉子焼2ヶという内容。

どれも鮮度&質がよく、マグロ2ヶは赤身であっさり、イカは歯ごたえがあり、ほたては甘く、すし海老は丁寧にしっりとり仕上がってて、イクラ軍艦にたっぷり載ってて寿司店らしい味わい。

ネタ&しゃり共に大きめで、食べ応えがあった。

 

上にぎり ¥1620(¥1800の10%引き)

上にぎりは、にぎり7貫(マグロ2ヶ、イカ、白身、甘海老、煮穴子、イクラ軍艦)に玉子焼2ヶという内容。

マグロは中〜大トロっぽい2貫で、味&食感の違いが楽しめた。煮穴子は、ふっくら煮えてた。すし海老は食べやすかったけれど、甘海老の方がすしを食べてる実感がわく。

 

特上にぎり ¥2430(¥2700の10%引き)

特上にぎりは、にぎり8貫(大トロ2ヶ、白身、赤貝、甘海老、イクラ、ウニ、数の子)+鉄火巻3ヶ&玉子焼2ヶが入ってて、見るからに華やか&リッチ。

大トロは、とろけるようにほどけたシャリと馴染む。赤貝は磯の香り&甘みが口の中いっぱいに広がる。ウニは、粒々&立体的な上等品で、数の子は正月以来のパリポリとした歯ごたえ、鉄火は、海苔&マグロの相性よかった。

シャリ、ネタ、海苔など、吟味した食材が、1つにまとまって、合計以上の作品になってる。


左:山形産豆、野菜、豆腐のサラダ ¥250
右:茄子揚げ浸し ¥200

女将さんが作った総菜も購入してみた。

豆腐のサラダは、崩した豆腐の中に、大豆、赤&黄色パプリカなどが入ってた。白和え風だが、存在感がある豆と野菜が主役って感じ。

茄子揚げ浸しは、甘みのあるダシの中に、揚げた茄子が浸ってて、柔らか&やさしい料理に仕上がってた。

手間をおしまず、丁寧に作られて、五感で味わえる寿司&料理って感じ。イカ好きの私は、中にぎり、上にぎりをリピートしたい。


ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


■『Sushi TOCHINO-KI 』
 東京都中央区日本橋人形町1−18-5
 
 電話:03-5643-1144
 営業:
 テイクアウト11:30~13:30、17:00頃~
 定休日:日、祝
     土曜は不定休

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。