人形町交差点の100m程北西にある、おばんざい(京都の一般家庭の総菜)の店。

縦格子をあしらった、京都の町家風の店構え。昨年10月開店。

テイクアウトでお弁当や総菜を買った≫人気blogランキング



間口が小さい、桜色の4階建ビルの1階にある。



入口扉を開け放して営業してた。

 

入口脇にメニューが表示されてた。

白い暖簾をくぐり、開いてる扉から店内へ。



入口近くのL字テーブルが、お弁当や総菜の陳列&販売コーナーになってた。

設置された半透明カーテンの先に、厨房やカウンター席があり、そこで飲めるよう。



正面にある、大正〜昭和っぽいレトロな収納棚が冷蔵品コーナーで、保冷剤の上にお惣菜が10種近く並んでた。

その右手が、お弁当や焼き魚、揚げ物などのコーナーのよう。

いらっしゃいませ、と割烹着姿の女性に迎えられ、お弁当や総菜を買った。

 

唐揚げ弁当 ¥800

鶏もも肉の唐揚げ4ヶに、ごはん、総菜2品(切り干し大根、マカロニサラダ)と漬物。

鶏肉は、しっかりめに醤油ベースの下味が付いてて、片栗粉をまぶして揚げてこんがり香ばしく揚げがってて、彩りにプチトマト&レモンが添えてあった。総菜2品は家庭的な味だった。

 

左:小松菜と揚げ煮浸し ¥150
  茄子揚げ浸し ¥250
右:伴助ほっけ  ¥380

小松菜と揚げ煮浸しは、醤油色が薄めで、きれいな色に仕上がってた。

茄子揚げ浸しは、エリンギ入り。厚めの輪切りの茄子が、ダシをたっぷり含んでてジューシー。

ほっけは、福島県いわき市の創業63年の海産物と干物(株)伴助の品。表面はこんがり、身はふっくらとしてた。中サイズの1/4尾くらいで、ちょうどいい量。熟練職人の干物の味だった。


焼サバ ¥350

焼サバも1/4尾で、こんがり焼いてあった。脂がのってて、程よく効いた塩によって旨みが増してた。大根おろし添え。


左:ひじき ¥250
右:牛バラ茄子オイスター ¥500

ひじきは甘めの味付けで、大豆、人参、油揚げが入ってた。

牛バラ茄子オイスターは、牛バラ肉と茄子(4〜5cmの縦切り4分割)が、甘みのあるタレで炒めてあって、ビールにぴったり中華風の炒め物。

 

左:玉こんにゃく ¥150
中:稚鮎南蛮漬け ¥300
右:マーボー茄子 ¥300

玉こんにゃくは、甘口で一口サイズで食べやすかった。南蛮漬けは、5cm程の琵琶湖の稚鮎を使った初夏の味で、丸ごと食べられた。

マーボー茄子は、茄子と挽肉餡が滑らかに絡んで、茄子好きの私好みの味。


唐揚げ(2ヶ)¥150

唐揚げは、お弁当の他、単品でも買えた。


ポテトサラダ ¥250

ポテトサラダは、マッシュのポテトの中に、固形のじゃがいもが適度に混じってて、やさしい味と食感。

旬の食材を使った総菜が、小分けでお手軽価格で売られ、酒の肴など、もう一品がほしい時など、ちょっと立ち寄って買えるので便利。

ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


『おばんざい三貴(みき)』 facebook
 東京都 中央区日本橋人形町3ー5-6
 
 電話:03-6879-4380
 営業:11:30~
 定休日:日曜

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。