浜町ホテル&アパートメントの1階のラウンジ兼ダイニングバー。令和元年2月に開業。

開放感のある空間で、気軽に音楽と食事が楽しめる、“街のダイニング(食堂)”がコンセプト。

テイクアウト弁当を買いに行った≫人気blogランキング



ベランダから木々が溢れてて、個性的な外観。ホテル170室、賃貸住宅108室、店舗併設の地下1階を有し、地上15階建て。

東京南青山の「BLUE NOTE TOKYO」(ニューヨークの「Blue Note」を本店に持つジャズクラブとして1988年にオープン)をはじめ、音楽と食を融合させ、エンタテインメント事業、飲食事業、ブライダル事業を展開する、株式会社ブルーノート・ジャパン(本社:東京都港区南青山)の直営店。



人形町交差点の600m程東南東にある。

ビル西側が入口になってた。

 

入口脇にメニューが出てた。



中に1歩入ると、店内は天井が高く、ゆったり広め。



フロアーに高低の段差(中央が低く、周りは少し高い)があって、視覚的に変化のある、くつろげる空間になってて、ピアノも設置されてた。



入って左手奥が、広めの厨房で、男性を中心に7人ほどが働いてた。客席側に接客担当のスタッフは7人位いて、従業員は多め。

いらっしゃいませ、と迎えてくれた男性スタッフにテイクアウトの料理を注文すると、店内入ってすぐ左のレジへ案内され、支払いを先にした。

開いてた席に座って、10分程待ち、料理を受け取った。

 

もち豚ロースのグリル丼
 ジンジャーハーブソース、ポテト付 ¥1200

もち豚ロースのグリル丼は、キャベツを載せたごはんの上に、大きめの豚肉がドーンと載ってた。いちばん人気のよう。

肉は厚みもあって、食べやすいよう10ヶ程にカットされてて、和風と洋風の間くらいの、甘めのソースがかかってて、ガリ、フライドポテト&焼き野菜(人参、ズッキーニ)が付いてて、ケチャップが添えてあった。

付け合わせのガリが意味不明だが、肉が大きめで食べ応えがあった。



 
 

甘鯛とホタテムースのフッシュカツバーガー
 ポテト付 ¥1200

フッシュカツバーガーは、紙箱に入ってて、別袋でフライドポテト&ケチャップが添えてあった。

紙箱の蓋を開けると、箱全部を占領するように大きめサイズのバーガーが納まってた。

ふわふわ軟らかなパン(水平に切ってある)の間に、(下から)キャベツ、フィッシュカツ、レタスが挟んであった。

フィッシュカツは、甘鯛の上に、ホタテのムースを塗るように載せて揚げてあり、甘鯛は鱈の身より柔らか。さらに、ホタテのムースの滑らかな食感が加わり、上品な白身魚のフライ。

丸いパンに、少し細長いフッシュカツは、バランスがとれない気はするが、ふんわりしたパン+レタスによって、見た目よりボリューム控えめなので、女性向きの感じ。

別袋のポテトは、皿に移したら大量だった。

 

ブルーノート東京 特製ハヤシライス ¥900

ハヤシライスは、ブルーノート東京の定番メニューなのか。

気をつけて持ち帰ったが、サラサラとしたルーの油分が器と蓋との間に回ってしまってた。

鮮やかなオレンジかかったハヤシライスのルーは、トマトっぽい酸味がしっかり効き、さっぱりとしていながら、油分が多めなのでコクもある。

ごはん中央にサワークリームが半球型にトッピングされてて、一緒に食べると、爽やか&クリーミーになる。ミニきゅうりのピクルスは、丁寧半割にして添えてあった。付け合わせがやや平凡な感じだがユニークな印象。

おしゃれなエリアのお洒落な建物にあるので、テイクアウトを買いに行っただけでも、観光した気分になれた。


ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


HAMACHO DINING&BAR『SESSiON』 facebook
 東京都中央区日本橋浜町3-20-2
  HAMACHO HOTEL&APARTMENTS1F
 
 電話:03-3666-3303
 営業:
 テイクアウト11:30~20:00
 無休

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。