人形町の人気天ぷら店。真っ黒な天ぷらで、通称「黒天丼」と言われ、昼は行列ができる。

昭和の風情漂う瓦屋根の2階建てで、1階が店舗。

現在は昼のみ営業で、テイクアウト用の20食限定の天丼弁当¥1100があった≫人気blogランキング



惣菜店として約70年前に創業。天ぷらが人気だったので、約40年前に天ぷら専門店になったよう。

人形町交差の約200m南にある。表通りに通じてない細めの道沿いにある。



陽気が良いせいか、玄関と厨房側の窓が開けっぱなしになってた。

店頭に営業時間と、持ち帰り用のメニューがあった。



開いてた玄関から、持ち帰りの天丼弁当¥1100を注文した。

店内は、奥行きがあり、手前が厨房とそれに面したカウンター席で、奥は小上がり席があるよう。

厨房では店主夫妻らしき60代くらいの男性と女性、それより若い男性が働いてて、家族経営の雰囲気。

代金を支払って、20分後に取りに来ると伝えると「作っておきます」と答えてくれた。電話注文は無く、店頭のみの注文だそう。

20分後に戻ると、店の前に4組(男女6人くらい)が並んでた。2組(3人)が持ち帰り弁当、2組(3人)が店内飲食だった。

列の前の人から、お弁当を渡されたり、店内へと案内されたりしてた。私も作りたて熱々のお弁当を受け取り、その際、今日中にお召し上がり下さい、と言われた。



天丼弁当は、深さのある朱色のプラスチックの器入りで、割り箸付き。

 

天丼弁当 ¥1100(税込)限定20食

ツヤツヤ炊けたごはんの上に、濃い色のタレにくぐらせた、天ぷら6ヶ(海老2、穴子1、キス1、人参のかき揚げ1、ししとう1)が載ってた。

海老は透明ではない中サイズの海老で、穴子は大きめで真っ白い身がふっくら揚がってて、人参は人参っぽさなく食べやすく。

タレの色は確かに濃い。タレは甘めで、塩分があまり効いてないので、見た目ほどしょっぱさなく、味も強くない、丸みあるマイルドな甘口の天丼に仕上がってた。

上側のごはんには、タレを含んだ天ぷらの衣が馴染み、下側のごはんにはタレが適度に浸みてて、ごはんに衣の油分と風味がしっかり移ってた。しっかり天丼を食べたと感じさせる味とボリュームだった。



13:00前にはすでに売れ切れになってて、さすが人気店。

ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪
■『天ぷら 中山』
 東京都中央区日本橋人形町1-10-8
 
 電話:03-3661-4538
 営業:
 この時は11:15~13:00
 定休日:土、日、祝

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。