人形町駅A6出口のすぐ隣にある居酒屋。

魚介は豊洲市場の仲卸『山治』から、鶏肉は日本橋の老舗専門店『大金』から、毎日仕入れてる。

最近は、夕方16:00から店頭と店内で、鮮魚、刺身、総菜などを販売してる≫人気blogランキング



店頭には、その日の目玉商品が並んでた。

神田の『海鮮&地鶏 男子厨房』、蔵前の『男子厨房酒場 藏の灯』の系列店で、居酒屋なのだが、中国武漢発コロナ肺炎という災難のせいだろうが、魚屋&総菜屋のようになってる。

 

丸ごとの魚が、発泡スチロールに入ったまま並び、市場直送らしい。

縄暖簾から店の中へ。



店内は縦に細長い形で意外に奥行きがある。

正面奥へとのびてる通路の、左手が厨房とカウンター席、右手がテーブル席になってる。夕方からは、椅子をどかして、総菜の陳列コーナーになってた。

通路奥にもテーブル席があって、そっちは夕方からも居酒屋として使ってるよう。

  

左手のカウンターには、小さめの容器に入った総菜類が、右手には中〜大サイズの容器に入った揚げ物などメイン系の料理が並んでる。

厨房では調理担当の男性2人位が、客席側には接客担当の男性2人が元気に働いてた。

購入する品を手に取って、入口左手のレジに並ぶシステム。

陳列してある料理がなくなると、接客担当の人が厨房に、なくなりました〜と報告してて、随時料理を作りながら陳列&販売してるよう。

買い物してると、接客担当の人は「鮎焼けました〜」とか「今日はカニがお買い得です」とお買い得出来たて品やお買い得品の情報を知らせてくれるので、とても参考になる。

 

左:鶏唐揚げ ¥500
右:れんこんきんぴら ¥180

鶏唐揚げは、しっかりめに下味の付いた大きめの唐揚げ8ヶくらい入ってて、すぐに売れきれる人気品。

れんこんきんぴらは、ごぼうと一緒に、少し甘口に炒めてある。総菜類は、スーパーよりお手頃価格でしかも上質。

 

左:シメサバ ¥500
右:活車海老1尾¥300

シメサバは自家製。脂ののった鮮度のいい鯖が使ってある。冷凍していないので、脂浮きしていない。こんな上質のしめ鯖がこんなお手頃価格で手に入るとは便利。

活車海老は、大きく、生きがよかったので、氷につけてから家で焼いた。味噌も身も美味で、とってもお買い得。

 

左:つぶ貝 ¥500
右:あんこう唐揚げ ¥420

つぶ貝と表示されてたが、白バイ貝で、半分が子持だった。

あんこうの唐揚げは、生のあんこうの唐揚げで、くさみなく真っ白い身は弾力があった。

これらもお得な品。

 

ながらみ ¥500

ながらみは、塩茹でしてあった。ちゃんと塩抜きしてあって、さすが。

直系2〜3cmの少し平べったい巻き貝で、ちょっと食べるのに手がかかるが、柔らかい身が甘味があり、わたはクセなく、こくがあり、めったに出会えない高級珍味。

 

合鴨のゆず胡椒焼き ¥350
甘海老刺身 ¥500

合鴨のゆず胡椒焼きは、しっとり焼けてた。

甘海老の刺身は、鮮度良く、頭はみそ汁にした。

 

クジラの竜田揚げ ¥450

クジラの竜田揚げは、生のクジラを使ってるとのこと。作りたてで温かかった。


常連さん注文のお弁当

カウンターにあった、レジ袋に入ったお弁当は、常連さんから注文されたお弁当とのこと。夕方からも、注文すれば作ってもらえるそう。



夜メニューも豊富。

 

昼時は、縄暖簾が降りてて、ちょっと静かな雰囲気。ランチメニューは豊富。

築地の支店のような店で、良質な魚介類や総菜が、お手頃価格で買えて、とっても便利。女性客や、スーツ姿の男性客で賑わってたのもうなづける。

ブログバナー4 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


■『ザ・築地』
 東京都中央区日本橋人形町1-19-1 石井ビル1F
 
 電話:03-3249-1146
 営業:
 この時は11:00~14:00
     16:00~
 定休日:日曜

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。