江戸名物ねぎま鍋が有名な、昭和2年創業の日本料理店。

戦災を逃れた貴重な建物。花街があった頃の風情漂う、木々&縦格子で覆われた木造の2階建て。

ここが本店で、隣が売店&カフェ、路地を50m進むとある登録有形文化財指定の建物が料亭になってる。ランチに立ち寄った≫人気blogランキング



人形町交差点から60m程南の静かな路地裏にある。

店頭にランチメニューが表示されてた。



奥に向かって細い通路が伸び、京町屋風。



通路を進み、梅の木で染めた暖簾をくぐり、開いてた引き戸から店内へ。



入ると、正面奥に階段があって、階段左手は個室風のお座敷席になってた。

いらっしゃいませ、と女将さんらしき年配女性と接客係の女性に迎えられて、店内左手へと案内された。



店内左手は、カウンター席と、通路を間にテーブル席が配置されてて、一画が帳場になってた。

元々カウンター席コーナー用の入口もあったようだが、今は使用していないよう(木々をあしらって、入れなくなってる)。

カウンター内の厨房では、白い調理着姿の板さん3人が働いてた。

 
 


席に座ると、接客担当の女性がお茶を運んできてくれて、今日の焼き魚御膳は金目鯛ですと説明してくれた。

カウンター席には、男性客2人が、後ろ側のテーブル席には、女性2人組が座っていて、男性客は、雑炊御膳、まぐろのづけ丼御膳を、女性は2人ともはかきの天ぷら御膳を注文していた、

昼定食から、あら煮御膳¥1800、かきの天ぷら御膳 ¥2000を注文。

少し待ってたら、黒いお盆で料理が運ばれてきた。

 

あら煮御膳 ¥1800

あら煮定食は、魚の身が多く、大きめ大根(根っこの方15cmくらい)、茄子、ししとうが添えてあって、これに、ごはん、赤だし(しじみ)、漬物、小鉢(青菜おひたし&佃煮風ちりめん)、茶碗蒸しが付いてた。

魚の身は甘口の醤油味でしっかり煮込んであって、缶詰風に味がしっかり浸みてて、骨ごと食べられた。大根はメインのような存在感&ボリュームで、魚同様味がしっかり浸みてた。

 

かきの天ぷら御膳 ¥2000

かきの天ぷらは、そう大きくない牡蠣6ヶが色白の衣で油ぎれよく揚げてあって、これに、ごはん、赤だし(しじみ)、漬物、煮物(大根、こんにゃく、自家製がんもどき?の甘味噌載せ)、茶碗蒸しが付いてた。

会計は店主らしき男性がすわってる帳場で。

江戸情緒漂う店内で、次回は、名物のねぎま鍋(昼も¥7000)をぜひ味わってみたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


■『よし梅 人形町本店』
 東京都中央区日本橋人形町1-18-3

 電話:03-3668-4069
 営業:11:00~14:00(LO13:30)
    17:00~22:00(LO21:00)
 定休日:土、日、祝
   (12月、1月は土曜夜も営業)
   店内全面禁煙

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。