東京日本橋にある、創業35年になる割烹居酒屋。

日本橋南郵便局の裏の路地に面するビルの地下にあり、店は目立たない。

平日はランチがあるので行った≫人気blogランキング



路地に入ると、看板が辛うじて見える。



地下に行く入り口の前にランチメニューが掲示されてた。どれも魚で、魚料理が得意なよう。



建物内に1歩入ると、右手途中に暖簾とランチメニューの貼られた下への階段があった。



階段を下りきると、ドアなどで仕切られてない店内になってる。いきなり接客係の女性にいらっしゃいませと迎えられて、席は相席になりますと告げられつつ、席へ。

店内はこぢんまり&シンプル。左手が厨房とそれに面したカウンター席、通路を隔てて右手にテーブルが配置されてた。

11時20分頃だったが、店内はすでにほぼ満席。スーツ姿の男性客が多い。

厨房では親方っぽい50代の男性と板さん2人が、客席側には赤いエプロンをつけた接客担当の女性2人が働いてた。



テーブルには、箸、漬物、おしぼりがセッテイングされてて、すぐにお茶も運ばれてきた。

ランチメニューから、カレイ煮付け定食と天丼各¥1150を注文した。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。

 

ランチ:カレイ煮付け定食 ¥1150(税込)

カレイの煮付けは、甘めの煮汁で煮た、骨なしカレイの身4ヶ+厚揚げ、に彩りのブロッコリーをトッピング、これに、ごはん、みそ汁、漬物(3種盛り)が付いてる。

カレイの身多めで、厚揚げは煮汁がしみ込んでた。煮汁には金属製のレンゲが添えてあって、魚と煮汁をごはんにかけて食べる人もいるのかも。

ごはんは、ツヤツヤ炊きたてで新米のよう。みそ汁は熱々で、味噌の風味よく、根菜なども入ってて滋味深い味。漬物は3種盛りだった。

 

ランチ:天丼 ¥1150(税込)

天丼は、朱色のお重で運ばれてきた。

ごはんの上に、タレにくぐらせた、海老天2つ+野菜天4つ(ピーマン、なす、レンコン、玉ねぎ)が載ってて、ボリュームたっぷりで、これに、みそ汁、漬物が付いてる。

無洗米を使ってる飲食店も多く、最近はおいしい白米に出会いにくくなってる。この店は、丁寧に作られてたごはん、みそ汁に支えられた、質のいい和食が食べられる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪


■『いし井』
 東京都中央区日本橋2-2-15 B1F

 電話:03-3271-3056
 営業:11:00~14:00
    17:30~22:30
 定休日:日、祝

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。