日本橋高島屋S,C.新館が、先月25日にオープンしたばかり。その6階レストラン街にある飲食店。

業種の異なる和牛の店『加藤の肉丸』とウニの店『小川のうに丸』の2つの店が、扉1枚で店内で行き来できるようになってて、コラボメニューも味わえる。左手の『加藤の肉丸』に行った。

休日の11時頃に行ったら、6階へのエレベーターもなかなか乗れない位の賑わいだった≫人気blogランキング



『加藤の肉丸』は、肉マイスターの加藤敦氏(横浜の『加藤牛肉店』の3代目で、各地のブランド牛を研究し、山形牛に行き着き山形牛の伝道師と呼ばれてる)がセレクトした和牛を使ってる。

ここを経営する、東京レストランツファクトリー(株)は、「日本のファンをつくる」というミッションのもと、高級焼鳥×世界のワイン『鳥幸』、日本酒の温度飲みの『ぬる燗佐藤』などの高級和食を中心に、『博多道場』『やきとんエイト』などの大衆店まで、幅広い業態で国内外に62店舗(国内57、Nニューヨーク3店、台湾2店)展開する。

この右隣にあるのが、『小川のうに丸』。北海道や世界の各地から、新鮮な生うにを仕入れて加工&卸販売し、品質に定評のある北海道石狩市の丸雅小川フーズ(株)のウニをふんだんに使ってる。

店頭の壁にランチメニューが貼られてた。ランチは和牛料理だけだった。コラボ料理は夜のみのよう。

紺地の暖簾をくぐって店内へ。



店内は横に長い方形。奥が厨房に面したコの字のカウンター席約16席になってて、左手に小上がり席4人×2、と右手前にテーブル席4人×3が配置されてた。

いらっしゃいませ、と接客担当の女性や厨房の板さんに迎えられて、席へと案内された。



店内あったランチメニューも牛料理だけだった。お茶が運ばれてきたので、3人で3品注文。


ちょっと待ってたら、木のお盆に載せて料理が運ばれてきた。

 

和牛カツ御膳 ¥2100

先に来た和牛カツは、少し小ぶりなサイズので、白木っぽい丸い木製の器に、サラダ、ソース2種(ドレッシング、ステーキソース)を添えて、カラフルに盛られてて、これに、ごはん、赤出汁(麩&あおさ)、薬味皿(醤油、わさび&塩)が付いてた。

和牛カツは、鮮やかな赤色で脂身がほとんどない肉質。衣のパン粉は少し細かめのもので、剥がれることなく肉にしっかり密着して、こんがり揚がってた。

肉は衣と密着してる外側が軽く火が通ってる位で、ステーキでいえば、ミディアムくらいの揚げ加減。食べやすく8ヶにカットされてて、真ん中のカツは火の通りが軽めでレアっぽい弾力ある食感で、それより火がしっかりめに通ってる端の部分のカツは、少し堅めのウェルダムっぽい食感だった。

衣がじゃまにならずに赤身肉を包み込んでて、香ばしいステーキを食べてる感じで、ステーキソース、醤油、わさび&塩で味を変えながら味わえた。

漬物が付いてなかったので、接客担当の人に尋ねてみたら、すみませんでしたと、後で持ってきてくれた。

 

和牛メンチカツ御膳 ¥1300

次に来た和牛メンチカツは、四角い木の器に、サラダ、ソース2種(中濃っぽいソース、ドレッシング)を添えて、きれいに盛られてて、これに、ごはん、赤出汁、漬け物が付いてた。

メンチカツは、厚みがあって、暗褐色の肉の中に5〜6mm角位の玉ねぎが入ってて、和牛100%のよう。普段食べてる豚肉のメンチカツより、味付けがシンプルで、質のいい和牛の味が素直に感じられた。

 

和牛すじ黒カレーセット ¥1300

和牛すじ黒カレーセットは、なかなか出て来なかった。他の2品の来てから20分して先の2品が食べ終わる頃になっても来ないので、文句を言ったら、すぐ運ばれてきた。

少し緑かかった黒色のカレーが浅めの土鍋に入ってて、これに、生玉子、ごはん、赤出汁、サラダ、漬け物が付いてた。

ルーは全然熱くなく、表面に湯葉っぽい膜が張ってた。先月の開店まもないので、持ってくるのを忘れてたよう。ルーは、マイルドで辛さ控えめで、中〜甘口くらい。柔らかい牛スジが多めに入ってて、赤&黄のパプリカが彩りで添えてあった。生卵は辛い時に使って下さいと言われた。

せっかくの土鍋入りのカレーなのに、熱々じゃないのが残念だった。

カウンター席に座ってた、50代位の夫婦らしき2人連れは、ステーキ丼とメンチカツを注文してた。どっちがどっちの料理を食べるのか気になって観察してたら、男性の前にステーキ丼、女性の前にメンチカツが運ばれてきた。ご主人は、ステーキ丼が目の前に置かれると、自分とステーキの世界に熱中してた。奥さんは、箸でメンチカツを切り分けると、隣のご主人を手でツンツンしたが、反応無く、数回ツンツンして、ようやくご主人が気づいて奥さんの方を向いてくれたので、サラダ皿(サラダが入ったまま)をよこすよう要求してたようで、サラダ皿に、メンチカツを載せてた。

半分すつ食べようね、って言って、ステーキ丼とメンチカツを注文したのに、男性はステーキ丼が来たら、奥さんとメンチカツのことは忘れたように、ステーキ丼をひとり占めしたかったよう。

 


夜のメニューにも、コラボメニューは1品くらいしか載ってなかった。昼は難しそうだが、夜なら店の人に言えば、隣の店のメニューを持ってきてくれるし、注文もできるらしい。

眦膕或郡曚離譽好肇薀鵑呂匹譴眸棒垢靴討い襪茲Δ如△海療垢癸隠音前には8割以上の入りで、待ち客もできてた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『加藤の肉丸 小川のうに丸』日本橋店
 東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋S.C. 新館6F

 電話:03-6265-1948
 営業:11:00~16:00
    16:00~21:00
 定休日:高島屋に準ずる

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。