人形町駅のすぐ近く、その100m東にある小さな日本酒バー。昨年9月オープン。

薄グレー色&箱型の2階建てで、北側半分の1〜2階が店舗になってる。

店名は、店舗面積の3坪からつけられた≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報



店頭にボードが出てた。1階:立ち飲みバーで、外階段を上った2階は利き酒ルーム(月替わりテーマの12銘柄の日本酒を1時間¥1800で飲み放題)、と異なるシステム。

斜め向かいにあるフレンチビストロ『イレール』のオーナーシェフが手掛けた店で、3人の女将が切り盛りしてるそう。

玄関ドアを開けて店内へ。



間口1間程の縦に細長い店内は、とてもコンパクト。檜、赤松、オークオールを使った、オール板張りの店内は、シンプル&ナチュラルな雰囲気。

奥右手がキッチン&カウンターになってて、奥左手が通路兼立ち席が3〜4人分あった。入口付近に2人用テーブルが2つあり、1つには椅子があり、もう1つは立ち飲み用になってた。

いらっしゃいませ、とカウンター内にいた女将さんらしき若い女性スタッフ2人に迎えられて、席へと誘導された。1階は女将さん2人で切り盛りしてるよう。



カウンターにドリンクメニューが置かれてた。日本酒が23銘柄あって、¥540〜790。日本酒以外の飲み物はなかった。

 

左手の壁上部に今月の日本酒のテーマが表示された。

玄関に近い右手の壁に料理メニューが表示されてた。ビストロの姉妹店だけあって、料理というより、和風フレンチの軽い酒肴系メニューって感じ。

先に、常温の水をグラスに注いでくれた。ウイスキーのチェイサー(追い水)として、日本酒を味わうよう。カウンターには、水の入った瓶が準備されてて、お水の追加はセルフになってる。

本日の利き酒(3種)¥1000、+2銘柄を注文した。注文すると、女将さんが、ガラスのおちょこ、酒瓶を席へと運んできて、目の前で、酒瓶からガラスのおちょこに、日本酒を注いでくれる。


本日の利き酒3種 ¥1000
左から:西條鶴(純米大吟醸、紅一点)
    若竹(特別純米、鬼乙女 幸)
    百十郎(純米大吟醸、黒面)

3種の日本酒を飲み比べると、味の濃淡を、風味の違いなどがよく分かって楽しい。どれもあまり見かけないさけで、日本酒好きにはたまらないかも。


誠鏡 ¥600
(二夏越ひやおろし,純米生詰原酒)

誠鏡は、生詰原酒らしい厚みのある旨み。


月山 ¥680
(純米吟醸、佐香錦ひやおろし)

月山は、日本酒の苦手な人でも飲みやすい、爽やかで、すっきりとした飲み口。


自家製豆腐 ¥400

滑らかな豆腐に、岩塩&オリーブオイルがかかってて、醤油より、豆腐の風味がストレートに味わえる。


ゴボウの赤ワインきんぴら ¥480

ゴボウの赤ワインきんぴらは、ワインレッド色をしてた。れんこんも混じってて、シャキシャキとした食感で、酸味がほどよく効いてた。


薫製鶏モモ肉の炙り焼き ¥600

薫製鶏モモ肉の炙り焼きは、一口大の鶏もも肉4ヶは、調理したてで熱々で、皮にこんがり焼き色がついてた、肉質やや硬めで、ほどよく燻製の香りが付いてて、人参のラペ、粒マスタードが添えてあった。

カウンターの一番奥がコンパクトな調理場になってて、炒めるなど、簡単な調理のみここで行ってるよう。

1人でも気軽に立ち寄れ、いろんあ銘柄の日本酒が味わえる。初めて入店したので、システムがわからず、ちょっと戸惑ったが、この日は、女性客が多かった。若い女性スタッフは、、もう少しにこやかだったら男性客にももっと人気がでそう。1人でも気軽に立ち寄れ、各種の日本酒が味わえるので、最近の世界的な日本酒ブームに乗って流行りそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『3bis(トワビス)』
 東京都中央区日本橋人形町2-8-7
 電話:03-3663-0635
 営業:平日 17:00~23:30
    土 16:00~23:30
    日 16:00~22:00
 定休日:不定休