ユーハイムは、100年バウムクーヘンを作り続け、国内外に350以上店舗を有する。日本で初めてバウムクーヘンを焼いたドイツ人、カール・ユーハイムが創始者。

上野松坂屋1階の店舗では、5種類の工場直送の筒状の大きなバウムクーヘンが並ぶ。注文すると、目の前で接客スタッフがカットして、切り立てバウムクーヘンが買える。

切り立てのバウムクーヘンが5種も常設販売されてるのは、全国でこの店舗だけ≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報



店頭に、1種ずつ専用ケースに収納されて並ぶ。

この切り立てのバウムクーヘンは、賞味期限3日と短く(冷蔵庫には入れずに保存)、贈答向きではないが、個別包装された賞味期限が長いのと比べると、酸化による油浮きがなく、大いに味が優る。

バウムクーヘン好きの我が家のお気に入りだったが、よく購入してた西武筑波店が閉店してしまって困っていた。

昔からある定番の白いバウムクーヘンが、人気NO1。

その隣に、チョコレートのバウムクーヘン、とNO3人気のタヒチバニラのバウムクーヘン(上野松坂屋限定)が並ぶ。



NO2人気は、抹茶のバウムクーヘン(上野松坂屋限定)。マロンのバウムクーヘンは期間限定で、入れ替わりがあるのよう。



西武筑波店では、量り売りだったが、ここでは(現在は?)、種類によって1枚いくらと値段が決まっている。



自分で選んだ種類と枚数で、バウムクーヘンが詰め合わせができる。1枚からでも買える。

注文すると、接客スタッフが、収納されてるケースの扉を開けて、大きな筒状のバウムクーヘンにナイフを当てると弧を描くように動かして、1枚ずつ10cm程のくし形風のそぎ切りに切り取って、手際よく箱詰めしていく。



12枚で注文したら、正方形っぽい赤い箱に詰め合わせて、ユーハイムカラー(黒白赤)のレジ袋に入れて渡してくれた。


バウムクーヘン(12枚)¥1563
(定番のバウムクーヘン¥108×4、チョコレート¥140×4
抹茶¥184×1、マロン¥151×1、タヒチバニラ¥118×2) 


上左から:マロンバウムクーヘン
     タヒチバニラのバウムクーヘン
     抹茶のバウムクーヘン
下左から:定番の白いバウムクーヘン
     チョコレートのバウムクーヘン

◎マロンバウムクーヘン(期間限定)
・薄茶色の生地は、マロンペーストが練り込んであり、ほんのり栗の風味
・外周が砂糖コーティングされてる
・空気多めに含んでて、少しふわふわとした食感

◎タヒチバニラのバウムクーヘン(上野松坂屋限定)
・クラシカルなバウムクーヘンより、少しだけ色が濃い
・外周に深め波波の凹凸があって、砂糖コーティングされてる
・生地のキメがやや粗く、しっとり感控えめ
・バニラの風味と合わさって、他のバウムクーヘンより甘め

◎抹茶のバウムクーヘン(上野松坂屋限定)
・生地に抹茶が多めに練り込んであって、濃い緑色
・外周が抹茶チョココーティング
・密度ある食感と風味はそのまま温存
・ちょっと値段は高め
・抹茶の渋さ&香りがバランスよく加わって、リッチで上質な品に仕上がってる

◎ユーハイムのバウムクーヘン
・プレーンな白い生地の、クラシカルな定番のバウムクーヘン
・外周ホワイトチョココーティング
・テンピューローのような密度&しっとり感は、他店には真似できない独特の感触
・いつ食べても懐かしく、私のバウムクーヘンはこれ

◎チョコレートのバウムクーヘン
・生地にチョコがしっかり練り込んである
・外周チョココーティング
・ずっしり&しっとり、チョコ風味濃厚

切り立てバウムクーヘンを入手するのが久々だったので、つい食べ慣れてる品を多く購入してしまったが、抹茶のバウムクーヘンは、なかなか渋く和テイストな大人の味に仕上がってて、ユーハイムのバウムクーヘンが今だ進化中であることが実感できた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『ユーハイム』上野松坂屋店
 東京都台東区上野3-29-5 松坂屋上野店1F

 電話:03-3832-1111
 営業:10:00~20:00
 定休日:不定休
  松坂屋上野店に準ずる

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。