日本橋にある、旬の魚を使った和食とクラフトビール&日本酒の店。

大塚にある『麦酒庵』の3号店として、今年の4月4日にオープン。同じビル1階の、カウンター割烹「割烹 ふた麦 麦酒庵分店」も系列店。

4月下旬の夜、立ち寄った≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報

クラフトビールマニアだった人が脱サラし、四谷の『酒徒庵』(2015.9月閉店、翌年1月頃に会員制隠密酒処『鎮守の森』としてオープン)で修行。同店の暖簾分けという形で2011年、大塚に『麦酒庵』を開業。2014年、恵比寿に 2号店を出店。



幅狭の階段で2階へ上がり、右手にある玄関ドアを開けて店内へ。

中に入ると、店内は横に長い方形。右手前方に厨房とそれに面したカウンター席になってた。



右手手前〜窓側にL字にテーブルが配置されてた。

いらっしゃいませ、酒屋の前掛けを付けた男性に迎えられて席へと案内された。



ボトルに入った水と、グラスとして蕎麦猪口風の器が運ばれてきた。



メニューから、国産ビールのアップルホップを(大)サイズで注文した。


アップルホップ(大)¥1200

アップルホップは、長野県駒ヶ根市の「南信州ビール株式会社」で製造してるビール。

泡なしの状態で、縁までなみなみビールが注いであった。製造過程で、南信州で栽培されたリンゴから作ったジュースを、発酵タンクに入れて作ってる。

泡がないのでちょっと拍子抜けするが、、フルーティー&やさしい甘みで飲みやすい。


お通し ¥900

すぐに、ひたし豆、お吸いものなど3品が運ばれてきた。この3品がお通しのよう。ひたし豆は、枝豆より歯ごたえがあって、郷土料理っぽい。吸い物は薄味仕立てで、量控えめ。もうちょっと上品な盛りつけにするなど、工夫してあってもよさそう。


はとぽっぱエール(大)¥1200

はとぽっぽエールは、栃木県の「うしとらブルワリー」で製造してる、原料にはと麦が使ってある。濁りなくクリアーなビールで、香ばしく、はと麦による美肌効果も期待できるかも?


本日の鮮魚(刺身1人前)¥1500

刺身は1人前で注文。金目(皮付き炙り)、平目などの3点盛りで、ワカメ、すだち、わさび、粗塩、たで、小菊などが添えてあった。鮮度よく、盛りつけもきれいだが、量はかなり控えめだった。


日本酒:七本槍 玉英(純米)¥1000

日本酒を注文。メニューには、銘柄だけのってて、値段が表示されていなかった。


牡蠣 小長井(生1ヶ)¥500

牡蠣は、3つの産地のものがあって、1ヶから生or焼で注文できた。

長崎県小長井町産の生牡蠣は、身に厚みがあって、味も濃厚だった。


日本酒:
栄光富士 森のくまさん(純米大吟無濾過生原酒)¥500
新政 No.6 S-TYPE(純米吟醸生酒)¥700

日本酒を追加。接客担当の男性が、好みなどを聞きながら、よさそうな銘柄の日本酒をすすめくれる。


大山鶏の山椒焼き ¥1000

大山鶏の山椒焼きは、調理に少し時間がかかってた。淡泊な胸肉っぽい鶏肉で、こんがり焼き色の付いてる皮の部分に、山椒&あまからいタレが軽く絡んでて、ねぎ&茗荷、山椒の葉がトッピングされてた。

クラフトビールは、泡なしの方がおいしいという説もあるが、味覚&食感には慣れもあるので、泡なしビールが初めてだったせいか、ビールっぽさが控えめに感じた。

日本酒は、好みを伝えると、それに合わせて店の人がセレクトしてくれるというスタイルの店のようだが、銘柄と値段の書かれた、一覧やメニューがある方が、自分でも選べるし注文しやすい。



平日のお昼はランチ営業してる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『麦酒庵』日本橋本町店
 東京都中央区日本橋本町1-4-3 ムロホンビル1 2F
 電話:03-6262-7998
 営業:
 ランチ11:30~14:00
    17:00~23:00
 土は13:00~23:00
 定休日:日