日本橋三越の300m東にある居酒屋。

小田原港直送の魚料理と利き酒師が選んだ47都道府県の日本酒の店として、平成26年4月10日オープン。

人形町から日本橋の間の、繁華街から少し外れた通りの、5階建ビルの地下1階にある≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報



この店を目がけて行ったが、華やかな看板などは無くて、店はわかりにくい。



ビルの真ん前まで来て、ようやく店名が小さく書いてある看板を見つけて、店に辿り着いた。



階段脇に日付入りのメニューが出てた。



階段を下りると、突き当たり右手に扉があった。



入ると、左手にコンパクトな厨房とそれに面したL字のカウンター席があった。



いらっしゃいませ、とカウンター内で働いてた、40歳くらいの男性に迎えられて、カウンター席の後ろを通って右手にあるテーブル席へと案内された。テーブル席は明るく新しくきれいで、意外にゆったりしてた。

 


まずは、生ビールと日本酒を注文。

日本酒は10銘柄が、120ml¥480の均一価格になってて、注文しやすい。


生ビール(中)¥550
日本酒:七ロ万(純米吟醸、120ml)¥480 

生ビールは、グラス入りでやや泡多め。日本酒は、夏限定酒で。純米らしい香りがあるが、やや堅い味。



お通し ¥460くらい(写真は3人分)

お通しは、小田原名物の厚揚げ、たたみいわし、鮭の燻製、イカの4種盛り。一緒に運ばれてきた、七輪風鉄板(下には固形燃料が入ってる)の上で、自分でさっと炙ってたべるよる。

鉄板の上にのせると、ほんのり煙が立ちのぼり、そのにおいにに刺激されて日本酒が飲みたくなる。


左:生搾りすだちサワー ¥480
右:生搾りだいだいサワー ¥480

さっさと生ビールを飲み干したので、生搾りサワーを追加。酸味のない柑橘系のサワーで、飲みやすい。


天然かんぱち刺 ¥780

天然かんぱちの刺身は、養殖のように脂がのっておらず、身が締まってて、あっさりとした味わい。


日本酒:竹雀(純米無濾過生原酒、120ml)¥480

日本酒を追加。竹雀は、確かに超辛口。


茹でたて茶豆 ¥680

枝豆は、茹でたて熱々。鞘の合わせ目が、わずかに開いてて、ちょうどいいゆで加減。この時期の枝豆は、暑くなるにつれて、枝豆の甘みが増してくる。


自家製フライドポテト ¥680

フライドポテトは、冷凍ではないので、じゃがいもがホクホクとしてて、味も濃厚。


生搾りレモンサワー ¥480
日本酒:春霞(純米吟醸、120ml)¥480

生搾りレモンサワーと日本酒を追加。レモンサワーは、酸味がシャープで、さすがレモン。

春霞は、しっとり甘口でフルーティで、それ以前に飲んだ日本酒より、私好み。


しらす冷奴 ¥480


日本酒:穏(夏の純米吟醸、120ml)¥480
    雁木(夏純米吟醸、120ml)¥480

さらに日本酒を追加。

穏は、特徴の少ないが、自然で素朴な味。雁木は、これも超辛口だった。


瓶ビール ¥680

サワーに飽きたので、瓶ビールを追加。



若鶏塩麹唐揚げ ¥680

若鶏塩麹唐揚げは、下味をつけた鶏モモ肉がコーンフレークで揚げてあった。


日本酒:紀土(純米吟醸、120ml)¥480  
    栄光富士(純米吟醸、120ml)¥480 

紀土は、すっきり甘口で飲みやい。栄光富士は、しっとりしてて無濾過生酒らしい味。



アジフライ(1尾)¥400

アジフライは、ふっくら揚がってた。


のどぐろ刺 ¥880

のどくろ刺身は、炙った皮付きで、刺身と焼き魚の両方の風味があじわえる。


日本酒:亀の海(純米吟醸、120ml)¥480
温州みかん酒(ソーダ割り)¥550

亀の海は、とてもすっきりしてて飲みやすい。温州みかん酒は、甘くてジュースみたい。

120mlと小回りのきく量になってるので、日本酒を飲み過ぎてしまった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『三代目 魚真 』
 東京都中央区日本橋本町1-7-10 讃金ビルB1F
 電話:03-6225-2378
 営業:
 月~金11:30~13:30
    17:00~23:00
 土 17:00~22:00
 定休日:日、祝

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。