人形町駅の北西500mにある、日本海の地魚の店。昭和57年開店の老舗。夜飲みに行った。

中2階にあり、店の真ん前からは、店があるがよくわかる。

オーナーの地元ルートから直送で、北陸の新鮮な食材を仕入れ、のどぐろ、氷見牛などが食べられる。秋葉原『旬彩房 杉のあかり』、淡路町『北陸料理 しんえつ 』も経営してる≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報



表通りから20m程入った、白タイル&赤茶御影の4階建てビルの中2階にある。

道路に看板は出されてたが、地下には別の居酒屋『四季彩』があって、その看板の方が目立つので、店を見過ごしてしまいそう。

 

メニューは道路沿いにはなく、外階段を10段上がったところに表示されてた。



外階段を上がり、扉を開けて建物内へと入ると、左手前方に、店の玄関がある。

白地の暖簾をくぐり、玄関ドア(今の時間帯は手動で開けてください、と書かれてた)を手で開けて店内へ。



入ると、意外に奥行きがあって広めの店内は、民芸調の落ち着いた雰囲気。

座席に沿って少しジグザグしながら、通路が正面奥へとのびてて、通路左手に、障子風間仕切りを間にテーブル席が配置されてる。通路の突き当たり奥に厨房があって、通路右手の閉まってる襖の向こうが、お座敷席になってた。



お座敷手前で通路を右に入ったところに、半個室風のテーブル席が2つ(4人席、4〜6人席)があった。

いらっしゃいませ、と和服姿の40代位の女性に迎えられて、席へと案内された。店内奥にいた、60代位の男性がオーナーのようで、接客係の女性が2〜3人いた。




席に座ると、接客係の女性は、テーブルの上に会席紙をセットし、箸置き&箸をセット。さらに、冷水入りのグラスと、2cm程のシルバー色の包みを運んできてくれて、ウコンなどの入った熊の胆(くまのい)です、とすすめられ、苦いのでお水がたりなかったら、おもちしますとのこと。健胃整腸作用があって、お酒を飲む前に、これを飲むといいらしい。

熊の胆は、長四角形の黒い錠剤で、たしかに苦かったが、グラス半分程のお水で足りた。

 
 


熊の胆を飲んだところで、生ビールを注文した。

生ビールは、アサヒスーパードライと、スーパードライプレミアムの2種あるとのことだったので、両方を注文した。


左:生ビール(アサヒスーパードライ)¥650
右: 〃 (スーパードライ、プレミアム)¥750

生ビールが、少し大きめのグラスで運ばれてきた。色に深みがある方が、プレミアムで、甘っぽいまろやかな味わい。


お通し ¥500+席料¥200

ビールのすぐ後に、お通しが運ばれてきた。

煮バイ貝、海苔くらげ、稚鮎の南蛮漬けの3品盛り。バイ貝は、新潟の本町市場で売ってるのと同じくらい鮮度よく、出汁でふっくら煮てあった。海苔くらげは、小さめのくらげが海苔と和えてあって、コリコリとしてて、磯の香りがただよい、下に大根おろしが添えてあった。稚鮎は、甘めの南蛮酢が効いてて、さっぱりとしてて、初夏の味わい。


能登もずく酢 ¥600

能登のもずくは、繊維が細めなのにしっかり歯ごたえがあって、繊細ななめらかさで、市販のもずくとは別物。酸味控えめの薄味の酢のものに仕上げてあった。


左:日本酒 立山(富山、純米1合)¥800
右:シークワーサー&レモンサワー 各¥550

2種類のサワーと、日本酒を追加。



うざくとろろ ¥700

うざくとろろは、ふっくら温めた一口大の鰻蒲焼きが6ヶ程に、ワカメ&きゅうりの酢の物が添えてあり、とろろがかかってた。通常のうざくより、口当たりがよく、鰻蒲焼きのタレの味が、とろろと調和し、一見ミスマッチだが、調和&充実感のある1品になってた。


日本酒:白菊(特別純米無濾過生原酒、グラス)¥1200

今週のおすすめの日本酒をグラスで注文。朝顔の花のように、広がった浅型のグラスに入ってた。

香り柔らかで、付け香ではないよう。まろやかで、やさしい味わい。



のどぐろカルパッチョ ¥1500

のどぐろカルパッチョは、千切り生野菜の上に、のどぐろ(皮付き、薄切り)6枚が載ってて、ドレッシング風ソースが掛かってた。のどぐろが鮮度よく、皮付きなので歯ごたえもあって、白ワインっぽい甘口の日本酒との相性抜群。


日本酒:ときしらず(福井、純米吟醸1合)¥840

ぬる燗の日本酒を追加。

 

立山地獄煮 ¥900

立山地獄煮は、里芋&魚介(ほたて、海老)がイカ墨&唐辛子で煮てある料理で、この店の名物料理のよう。

丸みのある黒い土鍋で運ばれてきた。蓋を開けると、赤い唐辛子が浮遊してる黒い煮汁の中に、具材が浮かぶように入ってる。

煮汁の中には、ほたて、海老、イカ+大根、人参、里芋、鶏肉(3cm強のちょっと大きめサイズ)が入ってて具沢山。ちょっと酸味と甘みが効いてて、熱々&あっさりとした味わい。



名水ポーク炭火焼 ¥900

名水ポークは、富山の銘柄豚のよう。通常のとんかつ位の大きさ&厚みのある豚肉が、軽く焼き色を付けて焼いてあって、甘しょっぱいタレをかけてあって、柔らか&ジューシー。彩りよく、リーフをトッピングし、ミニトマトが添えてあった。

 

新じゃが万頭 ¥750

新じゃが万頭は、半マッシュ(半分じゃがいもの形が残る)位につぶしたじゃがいもに、挽肉をませ、饅頭形に形成し、蒸し器で蒸して、とろみをつけた葛風の餡をかけてあった。

熱々&ほくほくで、餡が絡んでると、ほんのり甘みがあって、家では作れないが、コロッケよりでヘルシーで上品な味。


日本酒:山笑楽(富山、純米1合)¥800

さらに、日本酒を追加。


白海老さくさく揚げ ¥1500

白海老さくさく揚げは、白海老が1尾づつ、唐揚げにしてあった。うっすらピンクかかってて、艶よく、穫れたての白海老が使ってあるようで、口の中に入れると、サクサクとした食感とともの、白海老の甘さ&味が口の中に広がる。


お茶&おしぼり

食後は、テーブルの上を片付けて、温かいお茶&おしぼりを運んできてくれた。


ランチメニュー

平日昼は、階段の上がり口のところにランチメニューが表示されてる。

会席料理の店らしく、ちょっとお値段は高めだが、日本海側の魚介が味わえてよかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『北陸料理 新越』
 東京都中央区日本橋人形町3-3-9 久米ビル1F

 電話:050-5590-4490
 営業:11:30~14:00
    17:00~22:30
 定休日:土、日、祝