つくばQ’t1階のフードコートにある、北海道名物「ザンギ」の店。

フードコート南側(『西武筑波』側)のアイランド型の店舗。

以前『おんどり亭』だった場所に、今年4月1日にオープン≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報



平成6年に、TVゲームソフト売買のフランチャイズ加盟店として開業した、株式会社アオイ(本社:茨城県つくば市花室)による経営。平成8年に天下一品つくば店(FC)、平成19年にスリランカカレー店「アンマーカリヤ」をオープン。平成26年から筑波記念病院売店に弁当を納めてる。

つくばQ’tは店の入れ替わりが激しい。



今年1月10日、つくば市役所前にオープンした「北海道あばしり ザンギ亭」の2号店のよう。

北海道の名物料理「ザンギ」と地元で人気の「帯広豚丼」の2つを中心に、お弁当も扱う。

メニューの下が注文カウンターになってる。

 

注文カウンターの90°隣が、注文品受け取りカウンターになってる。お弁当温め用の電子レンジの置かれてて、その脇に漬け物(セルフサービス)が準備されてた。



注文カウンターに進み、カウンター上のメニューを見ながら、ザンギ定食¥734(税込)、帯広豚丼¥939(税込)を、接客担当の40代位の女性に注文した。

厨房では、接客担当の女性と、調理担当の20代位と、アジア系の男性2人が、おそろいの赤いユニフォームを着て働いてた。

会計を済ますと、呼び出しベルを渡されたので、それを手に空いてる席へ。

待ってたら、呼び出しベルが鳴ったので、受け取りカウンターへ。セルフサービスの漬物をトレイに加えて、席へと戻って食べ始めた。

 

ザンギ定食 ¥734(税込)

ザンギ定食は、ザンギ(唐揚げっぽい揚げ物)5ヶに、千切りキャベツ、マカロニサラダが添えてあって、ごはん、みそ汁が付いてて、漬物(セルフ)を加えた。

ザンギは、大きめの鶏もも肉で作ってあって、下味がしっかり付いてて弾力&ボリュームがあった。肉好きの男性にぴったり。

 

帯広豚丼 ¥939(税込)

帯広豚丼は、丸い丼に入ってたメニューの写真とはちがって、四角いお重に入ってた。ごはんの上に、ごはんが見えないくらい、肉が重なるように載ってて、これにみそ汁が付いてて、漬物(セルフ)を加えた。

肉は、少し厚みのある薄切り肉。タレを絡めたというより、いくらか甘めの下味が付いてて、少しパサついた肉質でジューシー感は控えめ。6〜7cm位の大き目サイズで、ごはんと合わせやすく、食べやすかった。

肉の量たっぷりのボリュームある定食が気軽に食べられる。忙しい時は、レジ脇に並んでた、ザンギ弁当¥550が便利でよさそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『北海道あばしりザンギ亭』
 茨城県つくば市吾妻1-7-1 つくばQ’t1F

 電話:029-854-7123
 営業:10:00~20:00
 定休日:Q’tの休みに準ずる