お米が主役の和食店。日本橋三越の向かい側の『COREDO室町1』3階にある。

全国から15種の米を厳選し、1合づつ土鍋で炊きあげてる。

柿茶色の暖簾がかかってた≫人気blogランキング にほんブログ村 つくば情報

 

店頭にランチメニュー(土日もある)が表示されてた。



店内は、縦に細長い方形。正面奥へと通路が延びてて、左手が厨房とそれに面したL字のカウンター席、右手はレジとその奥が壁寄りに1列に配置されたテーブル席になってる。



いらっしゃいませ、と接客担当の男性に迎えられて、店内奥の窓に面したテーブル席へと案内された。

カウンター前を通る時、厨房で働いてた、白い調理着姿の男性3人位が笑顔でいらっしゃいませと迎えてくれた。

レジ前には数種類のお米が置かれ、通路脇には魚沼の水が並び、お米だけでなく水にもこだわってるよう。



ランチメニューは7種。鶏の親子煮定食¥1100、鯖の文化干し定食¥1100、生姜焼き定食¥1400を注文した。

ランチメニューでは、季節の炊き込みご飯¥2400と満腹御膳¥3300(茶碗の白飯は¥2800)が、注文してから炊く土鍋炊きごはんだが、それ以外のメニューは土鍋炊きごはんではないよう。

少し待って、黒いお盆で料理が運ばれてきた。



ランチ:鶏の親子煮定食 ¥1100

鶏の親子煮定食は、親子煮は浅型土鍋に入ってて柳川風。ごはん(茶碗によそってある)、みそ汁、3品(ひじき、大根なます、漬物2品)、サラダ、デザート(わらび餅)が付いてた。

女性スタッフは、テーブルまで料理を運んでくると、ごはんは、宮城産の「花キララ」です。おかわりができますのでどうぞと、説明してくれた。

ごはんは、ツヤツヤ炊きたて。割れ米なく、かたくもなく、やわらかくもなく、1粒1粒が立体的で、ふっくら混ぜて、茶碗に多めによそってあった。今まで食べ歩いた中で最高レベルのご飯。

鶏の親子煮は、下味の付いてる鳥肉が多めに入ってて、ごぼう、玉ねぎと一緒に、玉子で半熟加減にとじてあった。ひじき、大根なますは、少し甘口。みそ汁は、あおさ&麩入りで、鰹出汁が利いてた。



ランチ:生姜焼き定食 ¥1400

生姜焼き定食は、大きめの豚ロース肉4枚に、たっぷり生姜風味のタレが掛かり、生野菜が添え。ごはん(茶碗によそってある)、みそ汁、3品(ひじき、大根なます、漬物2品)、サラダ、デザート(わらび餅)が付いてた。

肉の量が多く、ごはん2杯でもおかずが不足しなかった。



ランチ:鯖の文化干し定食 ¥1100

鯖の文化干し定食は、色よく焼けた鯖の文化干し半身に、大根おろし&レモンが添えてあって、これに、ごはん(茶碗によそってある)、みそ汁、3品(ひじき、大根なます、漬物2品)、サラダ、デザート(わらび餅)が付いてた。

鯖の文化干し半身は、塩加減ちょうど良く効いてて、香ばしく焼けてた。ツヤツヤ炊きたてごはんとの相性抜群で、理想的な焼き魚定食だった。

日常的な献立だが、厳選米をこだわりの技術で炊いた、店自慢のツヤツヤご飯によって、絶品の定食になってる。最近は無洗米もあって炊くだけなら簡単だが、保存、とぎぎかた、浸水時間、炊き方など、ごはんを美味しく炊くのは難しく、和食の基本の重要性が実感できた。

40代の女性グループが、楽しそうに食事してて、女性に人気の店のよう。日本橋三越に買い物に来たついでに寄るのにぴったり。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『米祥(KOME-show)』
 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町3階
 電話:03-6225-2424
 営業:11:00~15:30
    (LO14:30)
    17:00~23:00
    (LO22:00)
 定休日:コレド室町に準ずる

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。