貝印株式会社(明治41年創業)が販売する、包丁の簡易研ぎ器。

3種の砥石付きで、荒研ぎ、中研ぎ、仕上げ研ぎが、これ1つでできる。

鎌倉時代の刀職人の技を受け継いだ、ブランド包丁『関孫六』の関連商品≫人気blogランキング

関孫六ダイヤモンド&セラミックシャープナー ¥2160

切れ味の悪い包丁を使ってると、料理をしてるとストレスになる。昔使っていた砥石は処分してしまい、最近は年に1度、研ぎ師に出してるが、何だか面倒。

ダマスカス包丁の製造メーカーに尋ねたら、市販の引いて研ぐシャープナーがいいと言われ、昨年購入した。



141×51×55mm、96gと、コンパクトで軽い。キッチンの引き出しに入れておいても、邪魔にならない。

カバーからスライドさせると、右から、1,2,3の番号が付いてて、

1.ダイヤモンド砥石   →粗目
2.セラミック砥石    →中研ぎ
3.細かいセラミック砥石 →仕上げ で研げる。



溝に、垂直に包丁を差し込み、ただ引くだけ。研ぎの技術は要らない。

ふるさと納税のローストビーフも、これで研ぎたての包丁で切ったら、きれいにスライスできた。

長ネギ、ピーマン、トマトがきれいに切れるし、よく切れる包丁を使うと、玉葱をみじん切りしても、涙がでない。10年以上使ってる包丁が、新品同様の切れ味になって、すごい威力。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『貝印株式会社』
 東京都千代田区岩本町3-9-5