ホテル創業時にフランス料理のデザートとして作られ、厳選した材料と変わらぬ製法で40年以上作られ続ける、鳥羽国際ホテル伝統の味。

前にも記事にしたが、潮路亭のウエルカムドリンクと一緒にチーズケーキが出されたが、食べ足りなかったので、買いに行った。

鳥羽国際ホテルのカフェラウンジ及びショップ(お土産&売店)では、5種のチーズケーキが販売されてた≫人気blogランキング



潮路亭から上り坂を200m進むと、白い5階建て(実は7階建て)の本館に着く。

鳥羽国際ホテルは、昭和39年に日本楽器(ヤマハ)が創業。岬先端の22000坪の敷地に、オーシャンウィング(7階建て、旧本館)、ハーバーウィング(6階建て、旧南館)の2棟から成る、総客室数80のホテル。それとは別にホテルの敷地に和風温泉旅館『潮路亭』がある。(平成19年、ヤマハから三井不動産に譲渡された)。

高低差のある、ハーバーウィング5階とオーシャンウィング1階が連絡通路で繋がる。



潮路亭からは、徒歩、シャトルバスor送迎車などで行き来できる。

散歩がてら歩いて行った。1階から中庭に出て、芝脇の小道を行くと、鳥羽湾のプライベートビーチ風の砂浜に出る。さらに海岸線に沿うように坂道を上がるとハーバーウィングがあった。

ハーバーウイングの5階の連絡通路から、計約15分でオーシャンウィングへ着いた。


カフェラウンジ

正面玄関を入ってすぐ右手が眺望抜群のカフェラウンジで、鳥羽湾を一望できる。入口に、メニューとケーキ(実物)が陳列されてた。



玄関を入って左手には、ウエディングドレスの飾られたブライダルシコーナーがあり、そのにショップ(お土産&売店)がある。

あまり広くはないが、気のきいた品が並ぶセレクトショップ。



レジ脇の冷蔵ショーケース内にケーキが並んでた。

ラウンジ前にあったメロンのショートケーキがここでは売れ切れてた。



はるばる来たのだからと欲張って、5種のチーズケーキとその他の4種ケーキを買った。

ケーキを持っていたので、シャトルバスを利用しようと玄関脇のスタッフに時間を尋ねたら、すぐに、玄関前にあった黒いクラウンで、潮路亭まで送ってくれた。


上左から:ガトーショコラ     ¥421
     グレープフルーツゼリー ¥453
     アップルチーズケーキ  ¥378
     伊勢茶チーズケーキ   ¥378
     プレーンチーズケーキ  ¥367
下左から:シュークリーム     ¥324
     マンゴーチーズケーキ  ¥388
     アップルチーズケーキ  ¥378

部屋に帰って開けたら、5種あるはずのチーズケーキが4種しかなかった。

■プレーンチーズケーキ
サクサクとした土台の上に、まったり濃厚なチーズ層を載せ、表面が艶やかなアプリコットジャムでコーティングされてる。チーズの塩気、風味が、甘さとともに口の中に広がる。古典的で懐かしく、ほっとする味わい。

■伊勢茶チーズケーキ
プレーンケーキの土台はそのままに、チーズ層の部分に伊勢茶を加えて焼き上げ緑かかってる。緑茶の渋みと香りがほのかにする。

■アップルチーズケーキ
プレーンケーキをベースに、生地の中と表面にリンゴのコンポートが入り、リンゴの風味と食感が爽やかさを加える。

■マンゴーチーズケーキ
濃厚なチーズケーキに、マンゴーの甘さと香りが加り、濃厚な味わいに仕上がってる。


ブルーベリーチーズケーキ ¥378

フロントに連絡すると、間もなく、入れ忘れた1ヶを部屋まで持ってきてくれた。

■ブルーベリーチーズケーキ
プレーンケーキをベースに、生地の中と表面にベルベリーが入る。濃厚なチーズケーキに、ブルベリーの酸味と色味が加わり、タルト風の味わい。

思う存分チーズケーキを堪能できて、はるばる来た甲斐が確かにあった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『鳥羽国際ホテル』
 鳥羽市鳥羽1-23-1
 電話:0599-26-5477