熊本市にある、昭和24年創業の郷土料理店。

間口が小さい、縦に細長い4階建ビル。1〜4階が客席になってる。

市電、熊本城・市役所前から、南東約150mの繁華街にある≫人気blogランキング



ビルが建ち並ぶ、熊本の繁華街の真ん中にある。狭い道路に面し、さらに、日中は駐搬入&搬出のため路駐してる業務用車も多く、人や車でごちゃごちゃしてる。かなり近くまで行っても店は目立たない。

熊本地震で被災し、休業してた(この記事は地震の1か月前に行ったもの)が、5月24日に営業再開した。



花彫りの施された石張り外壁+木々をあしらった高級感&格式ある店構え。



店頭にランチメニューが表示されてた。

玄関扉を開けて店内へ。



中に入ると、正面奥へと通路が延びてて、すぐ右手が受付カウンターになってて、和装姿の年配女性が1人でテキパキと、会計、電話対応などを行ってた。

通路を奥へと進んでいくと、生け簀があって、その先の暖簾の奥が客席(テーブル席、個室風小上がり)になってた。

カウンター脇には、お弁当の見本が並んでて、仕出し料理もやってるよう。

受付の女性が、すごく忙しそうだったので、奥から出てきた若い男性従業員に、席が空いてるかどうか尋ねてみたら、会計や電話対応が一段落した受付の女性へと話を通してくれて、ちょうど空いたばかりの2階の客席へと案内された。

 

受付カウンター前のにある階段を先導されて、2階へ。



2階は、細い通路にそって個室が配置されてて、その中の1室へ。



ランチメニュー表紙に、大広間限定メニューが添えられてた。

案内されたのが個室だったため、接客係の女性に、この大広間限定メニューが注文できるかどうか尋ねてみたらOKで、30食限定の幕の内弁当もまだあります、とのこと。幕の内弁当は、いろんな料理が付いてて、とてもお得ですよ、と進めてくれた。

ちょっと考えて、大広間限定メニューの幕の内弁当¥945(税別)、釜めしランチ¥945(税別)、通常のランチメニューから、肥後竹籠ランチ¥2380(税込)、阿蘇にぎり¥2000(税込)を注文した。(大広間限定メニューは税抜き、通常のランチメニューは税込み価格で表示されてる)

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。

 

幕の内弁当ランチ ¥1030(税込)

幕の内弁当ランチは、9ヶに仕切られ黒い弁当箱に、ローストビーフ、煮魚(小鯛)、焼魚、小松菜煮浸し、刺身、天ぷら、茶碗蒸し、サラダ、デザートが盛り合わされてて、これに、ごはん、お吸い物が付いてた。

 

釜めしランチ ¥1030(税込)

釜飯ランチは、カニ足身、鮭、そぼろ、錦糸玉子などが入った五目釜めしで、朱塗りの台にのってて、豪華な感じで、これに、湯豆腐、サラダ、吸物、漬物、デザートが付いてた。

 

肥後竹籠ランチ ¥2000(税込)

肥後竹籠ランチは、丸い竹籠に、小鯛の煮魚、ローストビーフ、馬刺、からし蓮根、刺身、天ぷら、サラダが盛り合わされてて、これに、ごはん、吸い物が付いてた。

幕の内弁当と、共通の料理4品に、熊本の郷土料理2品が追加されてて、より郷土食の濃い献立になってた。

 

阿蘇にぎり ¥2380(税込)

阿蘇にぎりは、特上11貫(ウニ、大トロ、いくら、生車海老&頭炙り、馬刺、ほたて、子持ち昆布、うなぎ、鯛、コハダなど)のにぎり寿司で、鮮度よく、白い角皿に豪華に盛り付けられてて、茶碗蒸し、吸い物が付いてた。

郷土料理が、高級感のある店内で味わえて、熊本の繁華街の様子もわかってよかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『青柳(あおやぎ)』
 熊本県熊本市中央区下通1-2-10

 電話:096-353-0311
 営業:11:30~22:00
 定休日:12/31、1/1

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。