成田市にある、くず餅の店。創業80年以上で、夏(6月中旬〜9月中旬)は営業しない。

越屋根の土台のない昔風の平屋。

店頭が広い駐車場で奥まって建つ≫人気blogランキング



成田駅の約3.5km北の国道408号沿いにあるが、店はあまり目立たない。

宅配の運転手さんがユニフォーム姿で買ってたのを見たりしたが、地元の人気店のよう。

鮮やかな緑色の暖簾をくぐり、引き戸を開けて入った。



店内は、奥が作業場(工場)、手前が店舗になってた。



レジ前に、注意書きがあった。



店舗の白布をかけた長台が、レジ&販売カウンターになってて、くず餅(大)、くず餅(小)、ところてん、が並んでた。

販売してるのは、この3つの商品だけのよう。



奥の作業場は、もうこの日の操業は終えたようで、がらんとしてて、作業台や台車の上に、包装済みの商品がきれいに並べられた。



いらっしゃいませ、とエプロン姿の30代位の女性2人に迎えられて、くず餅(大)、くず餅(小)、ところてん、を購入した。

くず餅(小)が1人分で、くず餅(大)は4〜5人分だそう。添加物は入ってないので早めて食べてくださいとのこと。


くず餅 ¥650

くず餅(大)は、店のロゴ入りの古風な包装紙に包まれてて、ずっしり重みがあった。



包み紙を開けると、中には、ピンクのロゴ入りの袋の中に、きれいに収納された状態の商品が入ってた。




袋の中には、くず餅(透明ファイルに包まれてる)、きなこ(袋入り)、黒蜜(ボトル入り)、ピンクの紙が入ってた。

くず餅が包まれててた、透明ファイルを開けると、板状のくず餅4枚が重なってた。切り込みは入っていないので、自分たちで切って取り分けるようになってる。


くず餅 ¥170

くず餅(小)は、市販の豆腐と同じ白い容器に収まってた。



豆腐と同じように、表のファイルを端から剥がしていったら、ファイルは2重になってて、先にロゴ付きのファイルだけが剥がれた。

もう1枚のファイルは、縁に沿ってカットして開けた。



白い容器の中には、くず餅(透明ファイルに包まれてる)、きなこ(袋入り)、黒蜜(袋入り)、小さなプラスチック製フォークが入ってた。



くず餅の包まれてる透明ファイルを開くと、くず餅が3枚重ねた状態で納まってた。

くず餅には、十字の切り込みが入ってた。くず餅は、端がひらひら&プルプルとしてる部分もあって、いかにも手作り。

ファイルを開けただけでは、発酵食品の香りや酸味は感じられないが、顔を近づけると、軽くすっぱいにおいがする。



くず餅(小)をお皿に取り分けて、きなこと黒蜜をかけて食べてみた。きなこ(袋入り)、黒蜜(袋入り)は、切り口が付いてなくて、食べきり用になってる。

先に、きなこ、黒蜜のかかっていない、部分から食べてみると、軽くすっぱいにおいはあるが、酸味はなく、ぷるぷる&モチモチしてて、と口当たりがいい。

次に、きなこ、黒蜜のかかってる部分を食べてみた。きなこ&黒蜜によって、酸味は消えて、くず餅のもちもち感に、きなこの素朴な味+黒蜜のコクが加わって、口の中に、子どもの頃に味わったような、純朴な味が広がる。

くず餅の酸味が、隠し味的に作用してるようで、くず餅のもちもち感、黒蜜の重さなどが和らいで、軽めの食べ口のくず餅になってる。

くず餅の生地、きなこには、加糖されていないので、かける黒蜜の量によって、自分の好きに調節できる。

人気土産品の信玄餅と似てるが、信玄餅は餅米粉で作ってあって、生地は柔らかく加糖されてて甘い。




この店のくず餅は、小麦粉を発酵させて作ってあって、生地は弾力があって甘くない。味も作り方も昔風で、暑いときには作らず、店を閉めてる。昔ながらの素朴な味わいになってる。

信玄餅は、私の実家では、お土産で大きな箱入りのをもらうことが多く、子どもの頃から食べ飽きる位いっぱい食べた。信玄餅はお洒落で食べやすいが、こっちの方が好き。

粉類+きなこ+黒蜜or砂糖で作ってる和菓子は多く、和菓子のほとんどがこの組み合わせで作られてる。同じ材料を使っているので同じ味の品になるのかと思うが、そうではなく、その店その店の味にちゃんと仕上がるから不思議。

この店も、素朴な味わいのくず餅に店の個性が生きてて、この店ならではのくず餅になってる。包装は素朴だが、くず餅(小)は食べやすく、1〜2人で食べられる量なので、ここでしか買えない密かでレアな和菓子。自信を持って土産に持っていくのもよさそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『はたや』
 千葉県成田市押畑1847
 電話:0476-22-4766
 営業:9:00~18:00
  売れ切れ終い
 定休日:元旦
  6月中旬~9月中旬