龍ヶ崎市の居酒屋。開業して19年になる。

民家の間にある、葦簀(よしず)で覆った切妻L字形の平屋。歩道に、ランチやビールの幟がたってるが、どこに店があるか分かりにくい。

火、水、木、金はランチがある≫人気blogランキング



民家を2軒隔てた西の空き地に数台の駐車場があった。

竜ヶ崎駅の500m程南西の住宅街にあり、県道4号の川原代東交差点で、東に折れて約130m行くとある。ステーキハウス青野の約300m」北東に位置する。



店の入口は、看板がある場所から奥に行くとある。

 

砂利敷きのアプローチを進むと、右手前のよしずで囲まれた部分が、手作り感のある屋外席になってる。

約1mの背丈の大黒様と恵比寿様の前を過ぎると玄関があった。

 

店頭にメニューが掲示されてた。ランチメニューも少しだけ書かれてた。

のれんをくぐり、玄関引戸を開けて入った。



店内は横に長く、正面奥に厨房があり、右手が、厨房前に面したカウンター席(6席)と広めの小上がり席になってた。



小上がり席には、長テーブルや4人卓×2+絣柄の座布団が配置されてて、庶民的で和める雰囲気。

いらっしゃいませ、と60代位の女性に迎えられて、空いてる席に座った。厨房では、同年代の男性が料理を作ってて、2人で切り盛りしてるよう。



60代位の女性が、ランチメニューを持ってきてくれた。元気のいいこの女性が店主だそう。

ランチは、和食、中華、ラーメン等18種程あって、全品税込¥800。

 


夜のメニューも豊富で、ほろ酔いセット(ドリンク2杯+お通し)¥1050、はお得な感じ。

少し待って料理が黒いお盆で運ばれてきた。



刺身定食 ¥800

刺身は、鰹、サーモン、鯛の3点盛り。鰹とサーモンは厚めに切ってあって、刺身のボリュームたっぷりの定食で、限定3食も納得。

これに、ごはん(丼っぽい大きめの茶碗にたっぷりめによそってある)、懐かしい味のみそ汁、小皿(料理2品)、漬け物が付いてる。



とりから揚げ定食 ¥800

とりから揚げ定食は、5〜6cmの唐揚げ8ヶに、生野菜、マヨネーズ、レモンが添えてあった。

唐揚げは、下味がしっかりめについてて、サクサク竜田揚げ風に揚がってて、ビールにも合うけれど、ごはんにもぴったり。

これに、ごはん(丼っぽい大きめの茶碗にたっぷりめによそってある)、みそ汁、小皿(料理2品)、漬け物が付いてる。



豚肉しょうが焼き定食 ¥800

豚肉しょうが焼き定食は、大きめの豚ロース肉3枚が、甘しょっぱいタレを絡めていためてあって、千切りキャベツ、トマト、パセリが添えてあった。

豚ロース肉は、表面積大きめで厚みもあって、ボリュームたっぷり。これに、



手作りアジフライ定食 ¥800

手作りアジフライ定食は、大きさの異なるアジ半身×2が、4切れにカットされて、金網の上にのってて、生野菜、マスタード、レモンが添えてあってた。入荷してくるアジのサイズによって、フライの大きさも変化するそう。ここでさばいた鯵を揚げてあるとのこと。

アジフライは、くさみなく、衣がザクッと堅めにあがってて、これに、ごはん(丼っぽい大きめの茶碗にたっぷりめによそってある)、みそ汁、小皿(料理2品)、漬け物が付いてる。

ここは日本酒にこだわりがあり、銘柄も揃えてあり、ラベルが裏側になってるマニア様の日本酒もある。全く目立たない店だが、昼も夜もお手頃価格で食べられるためか、常連らしき客で賑わってて、帰りぎわに店主に挨拶してた。隠れ家的な店だが、この付近でランチや飲み会にするのに重宝する店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『酒菜家(さかなや)』
 茨城県龍ケ崎市姫宮町72-2
 電話:0297-64-2563
 営業:17:00~23:30
 ランチ(火、水、木、金)
    11:00~14:00
 定休日:月曜