研究学園駅近くのイーアスつくばにある、黒毛和牛ハンバーグ&ステーキの店。平成26年開店。

店頭に、和牛ステーキ肉と料理(ハンバーグ、オムライス)の大きなパネルを掲げ、その下のショーケースには料理サンプルが並び、黒毛和牛の幟もあった。

一見して分かりやすい店構え≫人気blogランキング



1階レストラン街にある。センターストリート東入口から入ってすぐ右に2軒目の店。『とんQ』と『カフェコムサ(Cafe comme ca)』の間にある。



店頭にメニューが表示されてた。ショーケース脇に、牛の個体識別番号が表示されてた。厳選和牛の店という触れ込みだが、リブやロース肉は、アメリカやオーストラリア産。

入ると接客担当の若い女性に、いらっしゃいませ、と迎えられ、席へと案内された。



客席は、少し縦に長い方形。腰高や天井までの間仕切りを間に、テーブル席が縦横に配置されてた。

店内奥が、アウトモールへの屋外通路兼中庭に面した窓とドアになってて、店内は明るい。フロアーは板張り、天井にはシャンデリアが灯り、落ち着いてておしゃれ。

 


メニューは意外にシンプル。いずれも税抜き価格で表示され、よく見るとかすかに税別という文字があった。

ステーキの大半は外国産で、店名が付いたステーキもアメリカ産だった。

ランチメニューの黒毛和牛ハンバーグランチ¥980(税別)、グランドメニューの、2色ソースオムライス¥900、国産和牛ランプステーキ(100g)¥1710を注文した。

黒毛和牛ハンバーグと国産和牛ランプステーキは、おすすめの焼き方はミディアムですが、それでよろしいですかと尋ねられたので、はいと答えた。

さらに、国産和牛ランプステーキは、食べやすくカットしてからお持ちしましょうかと尋ねられたので、それもはいと答えた。

 

各テーブルには、ナイフ、フォーク、箸、紙おしぼり等が準備されてた。水は、プラスチックのコップで運ばれてきた。

注文後5分で、料理が運ばれてきた。

 

黒毛和牛ハンバーグランチ ¥1058

丸い鉄板で運ばれてきた。3種のソース(デミグラス、イタリアントマト、和風醤油)から、デミグラスソースを選んだ。ランチはライスが付くのみで、スープ、サラダは付かない。

敷き詰めたスライスオニオンの上にハンバーグが乗り、たっぷりデミグラスソースがかかり、マッシュポテト、インゲン&コーンが添えてあった。ライスは、定食店っぽい蓋付きの器に入ってた。

ハンバーグは、俵型に近い厚みのある形。一般的に牛肉100%ひき肉は赤みが強い色のはずだが、切った断面は、赤色が薄いピンク色。ミディアムなので断面中央は生のようなピンク色だった。マッシュポテトは、塩分強めで、インゲン&コーン冷凍品のよう。

ハンバーグは、熱の通ってる部分は柔らかく、火が通りきってない部分は、ぐにゃっと生っぽい食感で、和牛の味も控えめだった。豚と牛の合挽きのような色と肉質と味だった。

『ビッグボーイ』の大俵ハンバーグ、『フライングガーデン』の爆弾ハンバーグなど、ミディアムなど赤みを残したハンバーグの場合、牛肉100%と表示するのが一般的。この店は、黒毛和牛ハンバーグとはあるが、牛肉100%と書かれてないのが気になった。

 

2色ソースオムライス ¥972

ケチャップライスを半熟ふわとろの玉子で覆って、やや大きめの透明なむき海老が2つトッピングされてて、玉子の上から、トマトソース、デミグラスソースが半分ずつかかってた。スープ、サラダは付かない。

ケチャップライスは、炒めた香ばしさはなく、炊き込みタイプのよう。ケチャップの味やにおいはあまりなく、濃いめの下味が付いてて、みじん切り風の人参が少し入ってた。玉子やソースに、スライスオニオンが混じってたが、炒めた玉葱の甘さはなく、加熱しきれてないようでシャリシャリとしてた。

トマトソース、デミグラスソースはどちらも濃度薄めのサラっとしたソースで、トマトソースはニンニクが利いて缶詰っぽかった。


ランプステーキのサラダ&スープ

ランプステーキは、3つのサイズ(100g:¥1710、150g:¥2290、200g:¥2880)から、100gで注文。ごはん、サラダ、スープが付く。

先に、サラダ、スープ、タレ2種(サルサ、わさび醤油)が、プラスチックの器で運ばれてきた。サラダは大きめの器に盛られ、レタス、水菜、人参のモソモソした食感で、ドレッシングがかかってた。スープはわかめスープで、韓国人の経営なのかも。

 

国産和牛ランプステーキ(100g)¥1846

サラダを食べ終えた頃に、ランプステーキとごはんが運ばれてきた。

ステーキは思ってたより大きめで、丸い鉄板に敷き詰めたスライスオニオンの上に載せ、レモン&バターがトッピングされてて、フライドポテト、いんげん&コーン、ステーキソースが添えてあった。

ステーキは、縦横にナイフを入れて10ヶにカットされてた。肉断面の中央が、赤みかかった色のミディアムくらいに焼けてて、一口サイズくらいになっって、食べやすかった。ランプなので脂身がない肉質だが、肉の色がピンクかかった色をしてて、味も薄めだった。



メニューには、国産和牛ランプステーキと書かれてたが、国産和牛という肉は存在しない。「和牛」と「国産牛」とは別の物。さらに、会計伝票には、国産ランプステーキと印字されてて、不可解。



店頭に表示されてた、個体識別番号を帰ってから調べた。

和牛 ランプ 0240488514 北海道 → 交雑種(肉専用種X乳用種)
交雑種とは、和牛ではなく、国産牛。

つまり、この日食べたのは、国産牛(交雑種)のランプステーキだった。

いろんな人が来店する商業施設内にあり、入りやすい外観のせいか、どんどん人が入ってきて人気の店のよう。天井にはシャンデリアがきらめいているのに、お水、スープ、サラダの器がプラスチックでミスマッチな感はあるが、便利な場所にあり、気楽にステーキが食べられる店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『ミートシノワ』
 茨城県つくば市研究学園5-19
  イーアスつくば1F
 電話:029-856-7899
 営業時間:11:00~22:00
      (LO21:30)
 定休日:無休