大分県別府市にある、客室数19、全室源泉掛け流し半露天風呂付きの温泉ホテル。

的ケ浜ビーチと別府湾が見渡せる、海沿いに建つ6階建て。3階以上は、各フロアに4客室だけのゆったりした間取りの部屋になってる。

以前ホテルだった建物を改装し、平成19年にオープンした≫人気blogランキング



国道10号(小倉街道)から海側へ、路地を100m入ったところにある。

ここは海に面して、ホテルが建ち並ぶエリア。



建物南西の角が、ホテルの入口になってる。

踏み面大きく、蹴上げが小さい、通路風のコンクリートの階段を進んでいくと、突き当たり付近に玄関ドアがあった。



玄関ドアから建物内へと入り、Uターンするように進んでいくとホテルのフロント&ロビーがある。



いらっしゃいませ、と迎えられて、フロント前のテーブルへと案内された。

ここで、ウエルカムドリンクのかぼすジュースとおしぼりが出された。ジュースを飲みながら、宿泊手続きをした後、エレベーターで宿泊予定の部屋へと案内された。



宿泊したのは、海側90屬離好ぁ璽肇襦璽燹

部屋のドアを入ると、玄関は広めで、右手の間仕切りオープンラックの向こう側がリビングになってた。



大きくL字型の窓を採った北東向きの角部屋で、リビングを中心に、左手に半露天風呂、右手に寝室が横一列に配置されてて、和風モダンな雰囲気。

リビングの窓からは、駐車場と、海っぺりの堤防風高台の遊歩道とその向こうに海が見えた。



リビングと半露天風呂の間は、ガラス扉になってた。ちゃんと目隠し用のカーテンがあるので大丈夫。



浴室は、ベランダを兼ねたような、ゆったり広めの長方形の半露天風呂。

ウッドデッキ風の簀の子のフロアーに、椅子&テーブルが置かれてて、いちばん見晴らしのいい場所に檜の湯船が設置されてた。



手前側が、脱衣所になってて、窓から的ケ浜ビーチ&公園と海が見わたせた。



寝室は、リビングと繋がってて、市松模様のフロアーに布団が敷かれ、部屋着、湯足袋、寝巻きなどが準備されてた。



冷蔵庫のドリンクは全て無料。テーブルには、地元の銘菓が置かれてた。

別府駅まで徒歩で、土産を買いに行ってきてから、屋上にある展望風呂へ。


脱衣所

脱衣所に、タオル&バスタオルが準備されてるので、手ぶらで行けて便利。


源泉掛け流し展望露天風呂

展望露天風呂は、目隠し用のプランターの向こう側に、ビーチと海が見えてて、開放感があった。

浴槽は、そう大きくないが、うっすら茶褐をしたにごり湯で、別府でも珍しい炭酸水素塩泉。まったりとした質感で美肌の湯だそう。


ライブラリーラウンジ

展望露天風呂に入った後は、ホテルのロビー脇から階段を5〜6段下ったところにある、ライブラリーラウンジに立ち寄った。

館内には、小室哲哉作の「うみね」というBGMが流れててた。

石造りのフロアーに、木製の棚、レザー製ソファー、ガラステーブル、グランドピアノが配置されてて、硬&軟が混在したスタイリッシュな空間になってた。


ドリンクコーナー(セルフ)

棚の一画が、ドリンクコーナーになってた。紅茶、コーヒー、ジュース、自家製果実酒(甘口)などの飲物+氷、カップ&グラス+クッキーなどが準備されてて、自由に飲食できる。

座り心地のいいソファーに座って、ジュースなどを飲んで、ひとやすみ。棚に並んでる本やDVDは、借り出しOKなので、1枚選んだDVDを手に部屋へと戻った。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『ホテル うみね』
 大分県別府市北浜3-8-3
 電話:0977-26-0002

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。