全国に温泉宿はたくさんあるが、お風呂が源泉掛け流しの宿は少ない。

人気温泉地や有名宿でも、循環濾過式が多い。福島には、源泉掛け流しの宿が結構ある。

滔滔と湯船からあふれる温泉に浸かるのは、何よりの楽しみ≫人気blogランキング



今回の宿泊(プラン)は、B2階にある食事処で。



まだ新しい清楚な感じの、3間続きの縦長の30畳位ある大広間で、黒い衝立を間に、配置されたテーブルに、夕食が準備されてた。



接客係の女性に、笑顔で迎えられて、席へと案内された。

■夕食
 

◎食前酒:日本酒(国権酒造、みずほ)
◎先付:生湯葉、出汁のジュレ、わさび添え
◎前菜3種盛:会津地鶏のし鶏
       鰊山椒漬け、あさり煮

献立表と、6品+食前酒が予めセットされてた。

接客係の女性が、料理1品1品について、説明してくれた。これ以外の料理は、順に運んできてくれるとのこと。

食前酒は、隣町の国権酒造の日本酒「みずほ」。常温で準備されてて、そぼくな味わい。

先付けの生湯葉は、あっさり豆乳風。タレがジュレ状で絡みやすかった。

前菜は、のし鶏は密度があって堅めの玉子焼きのよう。ニシンは山椒の香り軽く、しっかり締まっててしめさば風で、あさりは甘口で炊いてあって、


生ビール ¥600

すぐに、生ビールを注文。


◎サラダ:野菜のテリーヌ&地鶏のサラダ
     ドレッシングかけ

野菜のテリーヌは、黄や赤のパプリカがコンソメ味のゼリー寄せになってて、蒸し鶏、玉ねぎと共に、ドレッシングが掛かってて、マリネ風のサラダになってた。


◎煮物:冷し鉢、茄子利休煮
    海老、里芋添え

煮物は、冷たく冷やしてあった。皮を向いて揚げた茄子に、しっとり出汁を含ませてあり、里芋、海老、麩が添えてあって、サラッとしたごまだれが掛かってた。


◎造り:春造り3点
    まぐろ、スズキ、かんぱち

刺身は、まぐろ、スズキ、かんぱちの3点盛りで、どれも鮮度よく、黄色のかわいらしい食用花(キンギョソウ)が添えてあった。


日本酒:風が吹く(純米酒)¥1200

日本酒を注文。福島県大沼郡会津美里町の白井酒造のお酒。吟醸ではないので、透明感は控えめだが、フルーティーな中に、柔らかな穀物の風味が感じられる。


◎鍋物:海鮮雲丹しゃぶ
    ぼたん海老&鯛
    豆腐、水菜、長ネギ、しめじ添え

鍋物は、海鮮雲丹しゃぶで、雲丹を溶かし混んだ出汁をはった小鍋が準備されてた。コンロ台の中の固形燃料に着火、加熱し、お皿の上の具材を自分でしゃぶしゃぶしながら食べるようになってる。

出汁は、オレンジかかった黄色に濁ってた。少し甘口で、雲丹の風味がしっかり効いてた。ぼたん海老は、1尾ながら大きめで、身がふっくらしてた。豆腐、野菜も、出汁の中で泳がせると、ウニ風味の出汁が品よく絡む。



◎焼物:和牛陶板焼き、ポン酢だれ

焼物は、和牛陶板焼きで、ズッキーニ、かぼちゃ、パプリカ、玉ねぎ、エリンギが添えてあった。バターが効いてて、ポン酢を付けても、ちょっと洋風に味わえた。



日本酒:藤龍(にごり酒)¥1000

日本酒:藤龍(にごり酒)を追加。しっかり濁った、ぽったりどぶろく風の田舎風のお酒だった。


◎しのぎ:郷土料理 こづゆ

こづゆは、結婚式、成人式、正月などで食べる、福島の郷土料理とのこと。

ざくぎり野菜+帆立、豆麩が炊いてあった。澄んでる出汁は、あっさりとした味わい。キクラゲなど、具材は少し違っているが、新潟の「のっぺい汁」によく似てる。


◎揚物:鱧唐揚げ、ししとう、さつまいも
    レモン添え

揚物は、揚げたての熱々。油切れよく、カラッと揚がってて、素揚げ、サツマイモ、ししとうが添えてあった。



◎ごはん:ぞうすい、香の物

ごはんは、雲丹しゃぶの鍋で雑炊を作るようになってた。接客係の女性にごはんを持ってきてくれるよう頼むと、雲丹しゃぶの鍋に、出汁を追加し、固形燃料を新しいものに変えてくれた。

新たな固形燃料に着火し、再加熱。出汁が煮えてきたところで、ごはんを投入、続いて溶いた玉子を流し込み、玉子が適度にかたまっところで完成。

ごはんは、ふっくら炊きあがってた。雑炊にする前に、ついそのまま食べてしまったが、ごはんはたっぷりありますから、どうぞかわりしてくださいと言われた。

雑炊は、ちょっと甘口で濃厚な雲丹雑炊だった。


◎季節の水菓子:ヨーグルトムース
        西瓜&ブルーベリー添え

デザートは、ヨーグルトムースに、果物&生クリームが添えてあった。


■朝食
 


・焼甘塩鮭 ・豚しゃぶ ・信田巻き
・ちりめん山椒 ・細切り昆布煮 ・ずいきの煮物
・地鶏の玉子
・ごはん&みそ汁、漬物
・ヨーグルト&桃ソースがけ ・トマトジュース
・フルーツ(オレンジ、グレープフルーツ、キウイ)

朝食も、食事処で。


左:会津地鶏の玉子
右:豚しゃぶ

会津地鶏の玉子は、黄身がふっくら盛り上がってて、その周りの卵白がキラキラ澄んでた。艶艶焼きたてのごはんにかけたら、まさに絶品の玉子かけごはんだった。

高速道路のICから、約1時間の場所にあり、秘湯とはいっても意外に近い。流れ出る温泉にゆっくり浸かり、地元の日本酒をのみつつ、素朴な料理が味わえて、ゆっくり&のんびりできた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『藤龍館』
 福島県南会津郡下郷町湯野上字舘本乙1338-1
 電話:0241-68-2888