移動の途中、浜名湖サービスエリアに立ち寄った。

浜名湖サービスエリアは浜名湖を見渡せる高台にあって、眺めがいい。

上下線の施設が共有の集約型のサービスエリアで、フードコートのある東館とレストラン棟の2棟の前に、カフェや屋台がある≫人気blogランキング



東館には、広いフードコート+売店がある。



カレーまつりとうなぎまつりの最中で、フードコート、レストランの両方で、限定メニューをやっていた。

カレーまつりのカレーは、カレーの激戦区、東京神田の神田カレーグランプリで優勝した2店『日乃屋』『100時間カレー』が監修したとのこと。



フードコートの券売機前には、大きくメニューが表示されてた。この写真付きメニューで、何を食べるか決めてから、券売機へと進み、食券を購入。

フードコートには、うどん&そば『遠州庵』、丼&カレー『やらまいか亭』、ラーメン『浜楽』、浜松餃子『浜ちゃん』の4店舗があり、メニューはこの4店舗に色分け(青、赤、白、黄)されてる。



店まで進み、購入した食券を、カウンター越しに渡すと、呼び出しベルを渡される。

空いてる席に座って、料理が出来るのを待った。

呼び出しベルが鳴ったので、料理を取りにいって、席まで持ち帰った。


やらまいか亭:
日乃屋神田店のカレー温玉のせ ¥680


日乃屋神田店のカレーは、ドーム型に盛られたごはんの上に、フルーティーな甘さのあるカレールーがかかってて、上に温泉玉子がトッピングされてた。

ルーは、その甘さが『くら寿司』のシャリカレーのカレールーに似てて、糖度のあるカレーが最近の流行のよう。

盛りつけ方が、ちょっと雑で、忙しいフードコートっぽい。


やらまいか亭:
日乃屋+100時間のあいがけカレー ¥680

日乃屋+100時間のあいがけカレーは、楕円型に盛られたごはんの両脇に、2種のカレーがかかってた。左側の色の薄いカレーは、温玉のせカレーと同じカレールーで、かなり甘口。右手のカレールーは、厳選黒毛和牛と香味野菜、果物の旨味を100時間以上かけて煮込んだカレーだそうで、色が濃くて、まろやかで深みがあった。



遠州庵:
浜名湖あおさそば ¥480

浜名湖あおさそばは、醤油色の薄めのつゆの中に、2mm程の薄茶色のそばが入っていて、あおさ、揚げ玉、ねぎがトッピングされてた。

そばは風味薄く、つゆが少しぬるめだったが、あおさがフルフルとした食感で、磯の香りが感じられた。



フードコートの餃子店が混んでいたので、外の屋台でパック詰めの餃子を購入。



浜松餃子(5ヶ)¥500

熱々というほどではないが、温かかった。

ちょっと焦げ気味に焼けてて、少しだが羽も付いてた。焼き目の部分は香ばしく、中にはキャベツが多めに入ってた。



車へと戻る途中、レストラン棟の前にある鰻の店を通った。



うなぎおにぎり¥250、のメニューを見つけて、行列してる人もいなかったので、購入することにした。

注文し、支払を済ませて、店の前で待ってると、電子レンジで温めたばかりの、うなぎおにぎりを渡してくれた。紙で包んであって、それをレジ袋にいれてくれる。


うなぎおにぎり ¥250

うなぎおにぎりは、つゆのしみ込んだごはんの側面に、3cm×3cmくらいの大きさの鰻が埋め込んである。

浜名湖産の国産うなぎが使ってあるので、鰻は小さめだが、鰻の味が感じられる。おにぎりなので、この手軽感が移動にぴったり。


浜名湖うなぎおにぎり ¥250

浜名湖うなぎおにぎりは、ミカンジュースで炊いたごはんが使ってある、うなぎおにぎり。ミスマッチかと思って、おそるおそる食べたが、ごはんは黄色っぽい色をしてるが、そんなにみかんみかんしてなくて、普通のうなぎおにぎりより、さっぱりと食べられた。


左:うなぎおにぎり
右:浜名湖うなぎおにぎり

ごはんが黄色っぽい方が、浜名湖うなぎおにぎりで、うなぎおにぎり、浜名湖うなぎおにぎりは、おにぎりのサイズも、鰻の大きさもほとんど同じだった。

富士宮焼きそばの屋台もあって、浜名湖を眺めながら、ご当地グルメがいろいろ味わえて、ちょっと便利なサービスエリア。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『浜名湖サービスエリア』
 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米47−1
 電話:053-526-7220