マスクメロンのソフトクリームが、6月3日からミニストップで販売された。

マスクメロンといえば、東京の老舗果物店『千疋屋』の主力商品でもある、頭にT字形つるの付いてる優雅な高級メロンが頭に浮かぶ。

店頭のマスクメロンの看板につられて食べた≫人気blogランキング



マスクメロン味のみと、マスクメロンとバニラ味のミックスがある。

マスクメロン(コーン入り)とミックス(カップ入り)を食べ比べた。

ソフトクリームといえば、コーン入りのが売れ筋だが、カップ入りソフトクリームは、タレにくく食べやすくて、持ち帰りの時などには便利。


左:ミックスのソフト(カップ入り) ¥220
右:マスクメロンソフト(コーン入り)¥220

2013年の「夕張メロンソフト」より、果汁量を38%アップしてるそう(「夕張メロンソフト」の果汁率がわからないので、マスクメロンソフトの実際の果汁率は不明)。

マスクメロンの、「musk」は麝香(じゃこう)のように芳醇な香りのあるメロンのこと。スミレ目ウリ科キュウリ属の蔓性一年草で、大正時代、イギリスから導入した、アールス・フェボリット種とそれを改良した香りのよいアールス(フェボリット)系メロンがマスクメロンと呼ばれてる。

夕張メロン(正式名:夕張キング)は、アールス・フェボリットとスパイシー・カンタロープを掛け合わせて、昭和36年に生まれた品種。

茨城県は、メロンの出荷量日本一で、アールス(フェボリット)系メロンの生産量は、静岡に次いで第2位で、つる無しのメロンも多く出荷されてる(つる付きの出荷にはコストがかかる)。



落ち着いた薄緑色をしてて、マスクメロンというより、外観的には抹茶のソフトクリームっぽいが、ソフトクリームを受け取るなり、メロンのにおいが漂ってくる。

マスクメロンソフトクリームは、サラサラ&軽くクリーミーな食感で、メロン本来の味と香りが感じられて、コンビニスイーツとは思えない、高級なソフトクリームに仕上がってる。あまおう、ベルギーチョコ、キャラメルなど、いろんな味のソフトクリームが発売されてきたが、味が濃いめに仕上がってるせいか、単体で注文すると、後半は飽きてしまうことが多い。が、マスクメロンソフトは、意外にあっさり仕上がってて、単体で注文しても、飽きることなく、マスクメロンの味をしっかり堪能できた。



ミックスで注文して、スプーンで掬って食べれば、マスクメロンソフト単体としての味&食感に加えて、滑らかでクリーミーなバニラのソフトクリームとのコントラストや調和を味わえる。

店舗によっては、ソフトクリームホルダーで渡してくれる店もあった。



3つの店舗で食べてみたら、1つの店のマスクメロンソフトは、色が濃いめで、乳成分が含まれていないようで、シャーベット様にサラサラとしてて、イタリアの高級ジェラートみたいだった。調合を間違っていた可能性もあるが、どちからというと、こっちのマスクメロンソフトの方が好きだった。

マスクメロンのスイーツといえば、ホテルニューオータニのエクストラスーパーメロンショートケーキ(1日10個限定)1ピース¥3800が憧れだが、入手はなかなか難しい。

果物のメロンのように手間がかからないので、マスクメロンがこんなに手軽に食べられるのはうれしい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『ミニストップ マスクメロンソフトクリーム』
 本社:東京都千代田区神田錦町1-1
 本部:千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
 お客様コールセンター:0120-865-132
 9:00~17:30(日曜を除く)