土浦市にある居酒屋。

土浦駅の約500m北西の、昭和の風情漂う商店街「土浦名店街」の中にある。

表にランチの幟とメニューがあった≫人気blogランキング



映画館「土浦セントラルシネマズ」が高架橋と国道125号を挟んで向かい側にあるが、土浦名店街の入り口は目立たない。



「土浦名店街」は、道幅3〜4m程の商店街。シャッターの閉まってる店舗が多く、アーケードの表看板もなくなってた。

駅から近く、昔懐かしい商店街なので、ちょっと残念。

その奥から2番目にある。



店頭のランチメニューの掲示を見て、片開きの玄関ドアを開けて店内へ。



入ると、意外にゆったりしてて、左手がやや横に長い方形の客席になってた。テーブル席(4人×3)とカウンター3席が配置され、奥が厨房になってた。

店内には、写真やパネルなど、電車関連の品がたくさん飾られてて、経営者は鉄道マニアのよう。

以前は鉄道模型も展示してたらしい。

いらっしゃいませ、と60代位の女性に迎えられて、席に座った。厨房では店主らしき30代位の男性が働いてて、母子で切り盛りしてた。



厨房前にのランチメニューがあった。豚生姜焼ランチ¥600と塩さばランチ¥600を注文した。



壁に、ほろ酔いセット¥1500(生ビールor焼酎、日本酒2杯+つまみ2品)など居酒屋メニューが表示されてた。お手頃価格で飲めるよう。

あまり待たずに、料理が運ばれてきた。



ランチ:豚生姜焼 ¥600

4つに仕切られたお弁当箱に、ごはん、サラダ、小鉢風1品&漬物と一緒に盛られてて、みそ汁が付いてた。

豚生姜焼は、5mm位の厚みのある豚ロース肉2枚が、しっかりタレを絡めて炒めてあった。2枚でトンカツ1枚分に匹敵するくらいのボリューム。カットされてないので、かぶりついて食べたら、ダイナミックで肉っぽさがしっかり感じられた。

ごはんはふっくら、小鉢風1品は切り干し大根、漬け物は自家製で、サラダにはゆで玉子1/2が添えてあて、みそ汁は白菜&油揚げで作りたてだった。

お弁当箱に入ってるので見た目は少なそうだが、実際はどれもボリュームたっぷり。



ランチ:塩サバ ¥600

塩サバも、ごはん、サラダ、小鉢風1品&漬物と一緒にお弁当箱に盛られてた。

塩サバは半身が箱からはみ出てて、皮目に適度に焼き目が付いてて、いい焼き具合。



食後のコーヒー(サービス)

食後には、コーヒーが運ばれてきた。(混雑時にはないとのこと)この日はカステラも添えてあった。

目立たないが駅から割と近く、家庭的な手作り料理がたった600円で食べられて、ドリンクとデザートもつく。常連らしき客が多かったのも当然だろう。鉄道模型が見たかったので、復活してほしい。おすすめ度は、7.0。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

居酒屋『のぞみ』
 茨城県土浦市川口1-1

 電話:029-821-1817
 営業時間:11:00~14:00 ランチは平日のみ
      17:00~23:00
 定休日:日曜?