桜川市真壁町にある食事&甘味処。

明治時代創業の老舗で、現在は3代目女将が切り盛りする。

真壁のひなまつりが行われる、伝統的建造物群の中心にある≫人気blogランキング



真壁伝承館から、約50m西にある。

現在は、昼のみの営業で、夜は予約制で宴会や会合に対応してる。

 

隣の白いタイル風の2階建ての1階部分が、数台分の駐車場になってた。

店頭にランチメニューが掲示されてた。

暖簾をくぐり、玄関扉を開けて店内へ。



縦に少し長い方形の店内は、振り子時計などが置かれ、昭和そのままの雰囲気。

入ってすぐ右手には上り階段があって、2階席もあるよう。



正面がテーブル席、左手の窓際が小上がり席、右手は観光パンフレットなどが置かれたカウンターになってた。

カウンターの後ろ側に、広い厨房があった(隣の白い建物と中で繋がってて、白い建物1階が厨房と、駐車場になってる)。

中に入ると、チャイムがなって、右手奥の方から、接客担当らしい60代位の女性が出てきて、いらっしゃいませ、と迎えてくれた。

厨房では、60代位の小柄な女性が働いてて、この女性が3代目女将で(接客の女性に「おかみさん」と呼ばれてた)、女性2人で切り盛りしてるよう。



メニューから、日替り定食¥1000、海鮮丼¥1100などを注文した。

少し待って、黒いトレイで料理が運ばれてきた。

 

ランチ:海鮮丼セット ¥1100

海鮮丼セットは、海鮮丼+サラダ、小鉢、みそ汁、漬物、デザートが付いてて豪華。

海鮮丼は、酢飯の上に、中トロ、大トロ、有頭えび、いくら、いか、など10種以上のネタが載ってて、盛り沢山な内容だった。

海から離れてるので期待してなかったが、鮮度良く、酢飯も丁度良く、つくば市の店の海鮮丼の平均レベル以上の質で、量を考えると非常にお得。

 

日替りランチ:ポークソティ ¥1000

日替りランチは、ポークソティで、茶碗蒸し、小鉢、ごはん、みそ汁、漬物、デザートが付いてて、これも豪華。

ポークソティは、1cm程の豚肉が、醤油味のタレをからめていためてあって、ごはんにぴったり。これで1000円とは思えないくらい質の良いランチ。

 

ひれかつ定食 ¥1100

たっぷり厚みのあるひれかつ3枚に、千切りキャベツ、生野菜、マカロニサラダが添えてあって、小鉢、ごはん、みそ汁、漬物、デザートが付いてた。

 

天麩羅定食 ¥1100

天ぷら盛り合わせに、小鉢、ごはん、みそ汁、漬物、デザートが付いてた。

天ぷらは、海老、イカ、山菜&やさいが9点盛りで、山うどなどが入ってて、野菜はこの付近で採れた物のようで、鮮烈な旬の味わい。


ランチのコーヒー&紅茶

食後には、コーヒーor紅茶が付いてる。


すいとんあんみつ ¥500

すいとんあんみつを追加。白、ピンク、緑の寒天の上に、あずき、フルーツ、すいとんで作った餅が載ってて、黒蜜が添えてあった。白玉餅より、もっちり弾力があって、食べ応えがあった。

■桜川市のグルメ&土産店
 


桜川の情報紙が置かれてて、飲食店、土産店のリストがのってた。花見にも良いみたい。真壁町が奥は深く、ひな祭りシーズンだけでなく、見所が多い。休日だったが、伝統的建物を見て回ってた観光客も見かけた。

ひなびた外見だが、質、量ともに充実したランチがお手頃価格で食べられる。真壁町観光に来たら休憩を兼ねて食事するのに良さそう。おすすめ度は、7.4。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

食事・甘味処『すし兼』
 茨城県桜川市真壁町真壁198-23
 電話:0296-55-1195
 営業:11:30~17:00
 ランチ11:30~14:00
 定休日:月曜
 月が祝日の場合、火曜休