土浦市にある定食兼居酒屋。平成27年11月オープン。

ベージュ色の箱型の真新しい2階建てで、1階が店舗になってる。

玄関前に3台分と、建物裏手に数台の駐車場があった≫人気blogランキング



土浦駅の西約1.2kmにある。スシローがある交差から西に2ブロック行くとあるが、少し離れると店は目立たない。

ここは、以前元気家という店だった。この近くには、菜の花カフェオリーブなどがある。



黄色の暖簾と、黒い引き戸で、洋風居酒屋の雰囲気。



店頭にメニューが表示されてた。



入ると、右手は広めの厨房に面したカウンター席になってた。





左手には、大きな窓際に小上がり席6人×3があり、壁よりにテーブルが2つ配置されてた。

いらっしゃいませ、接客担当の30代位と50代位の女性ににこやかに迎えられて席に座った。厨房では、店主らしき男性が働いてて、店主夫妻+接客の女性1人で切り盛りしてるよう。



メニューから、ニラレバ炒め定食¥800などを注文した。

厨房からは、中華鍋でチャーハンを作ってるようなカンカンという大きな音が客席に響いてた。

チャーハンはメニューになかったので、不思議に思ってたら、ちょっとする年かさの女性がおかもちを手に、玄関から外へ出ていくと、店頭に車にのってどこかへ出かけていった。どうやら、出前をしているよう(チャーハンは出前用の料理だったよう)。

ちょっとまってたら、料理が運ばれてきた。



ニラレバ炒め定食 ¥800

ニラレバ炒めは、作りたての熱々で、深皿にこんもり盛られた。もやし、ニラ、しめじ、キクラゲの中に、多めのレバーが混じってた。レバーは、くさみなく、もやしがシャキシャキとしてた。ボリュームたっぷりで、2人前くらいありそう。これに、ごはん、スープ、小鉢2つ(スパサラ、とろろ)、漬け物が付いてた。



豚しょうが焼き定食 ¥900

豚しょうが焼きは、少し厚みのある豚ロース肉4枚が、おろし生姜入りのタレを絡めて炒めてあって、キャベツが添えてあった。国産の豚肉なので、パサつきなく、弾力があって、たっぷり入ってる生姜がピリピリ効いてて、刺激的な生姜焼き。これに、ごはん、スープ、小鉢2つ、漬け物が付いてた。



からあげ定食 ¥900

鶏肉は、筑波鶏を使っているとのこと。鶏唐揚げ6ヶが、油切れよく揚がってて、キャベツを添えてあって、これに、ごはん、スープ、小鉢2つ、漬け物が付いてた。



肉野菜炒め定食 ¥800

肉野菜炒めは、豚肉、もやし、きゃべつ、きくらげ、人参、パプリカなどが、やや焦げぎみに炒めてあった。深皿にこんもり盛られてて、ボリュームがあった。これに、ごはん、スープ、小鉢2つ、漬け物が付いてた。





豚ロースかつ定食 ¥900

豚ロースかつは、表面積と厚みのある、ちゃんとしたサイズのとんかつが、少し濃い色に、サクッと揚がってた。キャベツが添えてあって、これに、ごはん、スープ、小鉢2つ、漬け物が付いてた。



みそラーメン ¥700

みそラーメンは、店の看板メニューの1つのよう。大きな丼で運ばれてきた。

少しウエーブのある中細めんの上に、炒めたもやしがたっぷり載ってた。スープは、チェーン店の人工的な味噌ラーメンとは違って、味噌の味が素朴で食べやすい。もやしと一緒に豚挽肉が炒めてあって、挽肉のコクも効いてた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■遊 食 酒 空間『Ka Zu Sa』
  茨城県土浦市生田町3-34
 電話:029-822-8718
 営業:11:30~14:00
    17:00~22:00
 定休日:日、祝