雲仙温泉にあるクラッシックな洋館スタイルの温泉ホテル。

赤茶屋根+丸太&溶岩石壁の、スイスシャレー様式を取り入れた山小屋風建物。

日本初の国立公園に指定された、雲仙国立公園(現在は、雲仙天草国立公園)内に、昭和10年10月10日の10時に開業した≫人気blogランキング



昭和初期、外国人客誘致のために全国に計画された15の国策ホテルの1つ。

長崎県出身の実業家で政治家でもあった橋本喜造(1872〜1947)が、国から委託されて、雲仙観光ホテルを建設した。

橋本は、大正7年、神戸に橋本汽船(株)を設立。大正9年、大坂に(株)堂島ビルヂングを設立。大正12年、堂島ビルの竣工と同時に堂ビル内にホテルを開業。このホテル経営の経験により、国策ホテルであった雲仙観光ホテルを任された。

昭和36年には、天皇皇后両陛下がお泊まりになられた。

テレビ東京の美の巨人たちで放映されたのを見て、その美しさに惹かれて行った。



島原半島中央部の、矢岳と衣笠山の間の火山爆発により生じた標高約700mの盆地にある。

門を入ると、並木の間をまっすぐ石畳のアプローチが延びる。



東西に細長い、地上3階、地下1階建てで、客室数39(開業当時は61室だった)。

平成15年、国の登録有形文化財に登録され、平成16年から、5年がかりの大規模な改修工事が行われた。



正面玄関前が、車寄せになってる。

正面植え込みの横で車を止めると、すぐに正面玄関から、男性や女性のスタッフが数人出てきて、車寄せへと車を誘導してくれた。

荷下ろし&荷運びをサポートされて、館内へ。

 

2重になってる玄関扉から中に入ると、天井がやや低めの、横に細長いロビー兼通路風の空間になってる。

館内は、東洋風でもあり、中世ヨーロッパ風でもあり、タイムスリップしたかのような独特の雰囲気が漂う。



左手奥側がフロントで、宿泊手続きをした。



フロントの左手の階段を上ったところに、ラウンジがあって、その先がレストランになってる。

 
 

正面玄関入って、通路を右手に進むとソファーが置かれてて、その周りに、撞球室(ビリヤード室)、図書室、ショップ(売店)などがあった。



宿泊手続きを済ますと、正面の階段から、部屋へと案内された。



宿泊したのは、30屬離張ぅ鵑龍惘貅次3段正面のスイートルームの左右に1室づつあった。

フィレンツェの5つ星ホテルを思わせる、優雅な雰囲気。

1室は、ベージュ&茶系。



もう1室は、ブルー系の部屋で、希少で人気のある部屋とのこと。



正面ロータリーを見渡せる、ベランダが付いてた。



テーブルには、ガラスボトル入りの飲料水、ティーセットが準備されてて、蓋付きの器の中に、ホテルのパティシエが作ったお菓子(クッキーとミニマカロン)が入ってた。

ガラスボトルの飲料水(無料)は、体にやさしいアルカリイオン水。女性スタッフになくなったら、お持ちしますと、やさしく言われた。



浴室も洋風で、猫足のバスタブが設置されてた。




ロクシタンのアメニティ(グレードの高い部屋は、ブルガリのアメニティ)と、女性用、男性用の中身の異なるケアセットが準備されてた。

クローゼットには、バスローブ、ガウン、ワッフル地の白いパジャマが準備されてた。

部屋で、優雅にお茶をした後、1階にある大浴場へ。ロビー&フロントを通らずに行ける、宿泊客用のルートがあるので、パジャマ姿で行ける。



脱衣所に、バスタオル、タオルが置かれてるので、手ぶらで行けるようになってる。



温泉浴室は、改修によってリニューアルされてた。

波波&ドーム型の天井+ステンドグラス、タイルを施した、アールデコ調のデザインの優雅な浴室で、源泉掛け流しの温泉が湧いてた。


大浴場&露天風呂(源泉掛け流し)

外には、こぢんまりとした露天風呂もあった。

お風呂から部屋へと戻る途中、ホテル内のスパの前のパンフレットの横に、スイスの名門クリニック発祥のスキンケアブランド「VALMONT(ヴァルモン)」の美容液、クリームなど3種類のテスターが置かれてた。日中、風にあおられて、肌がカサカサしていたので使ってみたら、つけた直後から肌がしっとり落ち着いて、その効果にびっくり。手持ちの化粧品がなくなったら、こっちに変えちゃいたい。

正面玄関から、出入りする度に、ドアマンの男性や近くにいたスタッフが「いってらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」とにこやかに声をかけてくれて、ここに住んでるような居心地のよさがある。

クラシックな西洋ホテルと日本のおもてなしの心が融合した歴史あるホテルでゆったり温泉に浸かると、幸せな時間が楽しめた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『雲仙観光ホテル』
 長崎県雲仙市小浜町雲仙320
 電話:0957-73-3263