熊本県天草市にある海鮮料理の店。

瓦&白壁を施した2階建てビルで、堂々とした店構え。

南東側の平屋の部分が玄関になってた。建物両脇(南東と北西)に、各約6台分の駐車場があった≫人気blogランキング



熊本市からは、天草の島々を天草五橋などの橋を車で通っていける。天草瀬戸大橋を通って、天草上島に渡り、県道324号を1km程北上するとある。

この店を営むのは有限会社ヤヒロ。39年以上前に、天草市大浜町に焼肉店「八尋」を創業し、現在はこの他に、開業38年になる肉専門レストラン『ビーフヤヒロ』、と開店32年になる居酒屋『あまくさ村』を営む。

 


玄関ドアを開けて中に入ると、市松模様のフロアーに、畳のベンチ席や椅子が置かれた1坪強の待合風の空間になってた。ホワイトボードや壁に、おすすめなどのメニューが表示されてた。

前方にあったもう1つのドアを開けて店内へ。



入るとすぐ右手にレジがあり、2〜3m正面には、いけすがあって、その周りにL字にカウンター席が配置されてた。

 

いけすは、段々畑風に右手が高く〜左に下っていて、最も高い位置にあるいけすの奥側が、厨房になってて、白い調理着&帽子を着用した男性の板さん2人が、いけすとカウンター席を見渡すように立ってた。



いけすとカウンター席周囲には、白い瓦塀が巡らされ、お城と民芸調をミックスような雰囲気のある造り。

瓦塀とその脇を通ってる通路を間に、いけすの左手に個室、奥には小上がり席がいくつか並んでた。

いらっしゃいませ、と和服姿の女性に迎えられて、瓦塀の脇を通ってる通路を通って、正面奥(いけすの奥側)にいくつか並んでる小上がり席へと案内された。

通路の左手には個室もあって、我々の少し前に到着したカップル客が案内されていた。

 


メニューは、定食、お膳、一品料理もあって、豊富。かなり考えて、ぜいたく丼¥1500、春御膳¥1800、に名物の一品料理を追加して注文した。

早めの時間に到着したので、カウンター席も小上がり席も空いてたが、すぐに、家族連れなどグループ客が立て続けに入店してきて、正午頃には、ほぼ満席だった。

少し待って、料理が順に運ばれてきた。

 

春御膳 ¥1800

春御膳は、3月限定メニューのお雛御膳で、大きな朱塗りのお盆に、ちらし寿し&はまぐりの吸い物に、+刺身、天ぷら、茶碗蒸し、小鉢、漬け物、デザートが載ってた。

ちらし寿しは、錦糸卵に、イクラがトッピングされてて、はまぐりの吸い物は、桜麩が入っててカラフル。刺身は、ウニ、鯛など4点盛りで、桜の花が添えてあった。

茶碗蒸しは餡かけになってて、天ぷらは、竹の子、ウドなど、春の盛り合わせになってた。

品数多く、春らしい華やかな構成のお膳だった。

 

ぜいたく海鮮丼 ¥1800

ぜいたく海鮮丼は、ごはんの上に、海老、鯛、タコなどが放射状に盛られてて、別盛りのウニ&あわびが別盛り、あら汁、小鉢が付いてて、豪華。

海老は、蒸した車海老で、身が透明ではなく、海老らしい味わい。海鮮丼の具が、どれも大きめで、ごはんが見えないくらいたっぴり乗ってて、非常にボリュームがあった。

 

天草えびすポーク、とんかつ定食 ¥1500

とんかつ定食は、天草えびすポークで作ってあった。

しっかりめに揚げてあったせいか、やや堅めの肉質に感じた。


あらだき(小)¥800

あらだきは、この店の名物のよう。(小)で注文したはずなのに、大きめのお皿に、頭の部分がドーンと載った状態で運ばれてきて、びっくり!運んできた接客係の女性に、これで(小)ですかと、確認してしまった。

鯛orカンパチとのことで、この日は、カンパチだった。身が多めに付いてて、養殖のカンパチのようで脂が載ってて食べ応えがあった。


大王の手羽先塩焼き ¥650

大王の手羽先塩焼きは、銘柄鶏:天草大王が使ってある。

じっくり焼き上げたようで、料理がでてくるまで、いちばん時間がかかってて、最後に運ばれてきた。少し堅めの締まった肉質で、しっかり焼いてあってかみ応えあった。

小鉢、みそ汁、煮魚など、味付けが少し甘めになってて、土地柄のよう。天草で養殖された魚介類がたっぷり食べられて、この付近の人気店のようなのも納得できる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『いけすやまもと』
 熊本県天草市南新町10-11
 電話:0969-23-2103
 営業:
 日~木…11:00~22:00
 金、土、祝日前~23:00  
 定休日:不定休