桜川市真壁町に古くからある割烹。

妻入り大屋根の民芸調の平屋建て。

建物裏手が、2台分の駐車場になってた≫人気blogランキング


重要伝統的建造物群保存地区の中心にある。この付近は真壁のひなまつりが催される地域。

いばキラTVの動画があった。



あまり目だないが、正統派の割烹の店構え。



玄関脇のショーケース内にメニューが表示されてた。

暖簾をくぐり、すりガラスの玄関引戸から開けて店内へ。



広い店内は縦に長い方形。左手奥に広い厨房があって、その手前に、カウンター席とテーブル席が配置されてた。



玄関から正面奥へとまっすぐに通路が延び、右手にお座敷が並び、地域の宴会場のよう。

いらっしゃいませ、と厨房で働いてた店主らしき40〜50代の男性に迎えられて席に座ると、同年代の女性がお茶を運んできてくれた。昼は夫婦2人で切り盛りしてるよう。

 


メニューから、幕の内弁当¥1000、天ぷら定食¥1000などを注文した。

少し待って、料理が運ばれてきた。



とんかつ定食 ¥1000

とんかつ定食は、大きめのロースかつに千切りキャベツなど生野菜が添えてあって、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。

ロースかつは、肉がジューシーで、アメリカ豚ではないよう。粗目のパン粉を付けて、サクッと揚がってた。ごはんは炊きたて、みそ汁は作りたて、漬け物は自家製で、充実した内容。



天ぷら定食 ¥1000

天ぷらの敷紙はちゃんと折られててさすが割烹。海老、いか、なす、さつまいも、ピーマンなどの天ぷら6点は、色白の薄衣で揚がってた。これに、ごはん、みそ汁、漬物、天つゆ、小鉢が付いてた。漬物は自家製3点盛りだった。



幕の内弁当 ¥1000

幕の内弁当は、方形のお弁当箱で、蓋をした状態で運ばれてきた。

中は5つに仕切られてて、醤油差しを中央に、刺身、揚げ物、ごはん、煮物&焼魚が、きれいに納まってた。

刺身は、マグロ&帆立に海藻が添えてあった。揚げ物は、海老フライと唐揚げ、+ゼラチン質の魚のフライ(あんこう?)に生野菜が付いてた。煮物は、里芋&鶏つくねで、焼き魚は、鮭のハラスの部分で、漬け物と卵焼きも添えてあって、炊きたてごはんには、ゆかりと、小梅がトッピングされてた。

¥1000とは思えないほど豪華な幕の内弁当で、満腹になった。


コーヒー(サービス)

食後は、奥さんが入れ立てのコーヒーを運んできてくれた。

お弁当が、幕の内など4種もあって、看板メニューのよう。店主は厨房で、夜(宴会?)の仕込みをしてた。メニューが豊富で、旬の料理もいろいろ揃ってた。便利な場所にあり、割烹らしい料理が、意外なお手頃価格でに食べられるのは嬉しい。おすすめ度は、7.3。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

割烹『うおくら』
 茨城県桜川市真壁町真壁231

 電話:0296-55-0022
 営業:11:30~14:00
    17:00~22:00
 定休日:木曜