土浦駅西口のすぐ近くの焼肉店。平成26年3月にオープンした。

ロータリーに面する、7階建ビル(旧丸井ビル)の7階にある。

宮崎牛1頭買いで、土日もお手頃価格のランチがある≫人気blogランキング



ビル1階はパチンコ店になってる。



建物内には入らず、柱の向こうのパチンコ店の入口前のエレベーターで7階へ。



エレベーターの扉が開くと、目の前に店がある。7階フロアー全部が、焼肉店のよう。

 

ガラス扉の前に、ランチメニューが表示されてた。



玄関の自動ドアから中に入ると、右手が受付&レジカウンターになってて、レジ前には、等身大くらいの黒い牛が置かれてて、待ち席が並んでた。

 

誰もいなかったので、レジカウンターの呼び鈴を押すと、奥から女性スタッフが現れた。いらっしゃいませと迎えられ、店内をジグザグに走ってる細めの通路を先導されて、席へと案内された。



店内は、複雑に大小の部屋に区切ってあって、全席個室風になってた。

 

窓に面した2人用のカウンター席や、4〜6人用のグループ席など、いろんな席があった。さらに奥には、宴会ができる広い部屋もあるよう。

  

各テーブルには、注文用のタッチパネルが設置されてて、取り皿(紙で覆ってある)も準備されてた。

テーブル真ん中の丸く凹んでる部分が、無煙ロースターになってて、金網の下に中央には、胡桃を少し小さくしたような茶色い石が並んでて、遠赤外線効果で肉が焼けるらしい。



ランチメニューは、18種ほどあった。定食が15種に、丼、冷麺、カレーが1種ずつで、ランチメニュー中央に写真が出てる8種が調理済みの料理で、それ以外の10種が自分で肉を焼いて食べる定食だった。

 


ちょっと考えて、ランチメニューから、宮崎牛メンチカツ定食¥500(税別)などを注文した。



注文は、全てタッチパネルで行うシステムになってる。全席個室風の造りになってて、従業員の姿は見えないので、何か用があるときは、タッチパネルを操作しで従業員を呼ぶ。

ちょっと待ってたら、通路をガラガラと移動してきたカートが部屋の前で止まって、従業員が黒いトレイに載せた料理を運んできた。



宮崎牛メンチカツ定食 ¥500

宮崎牛メンチカツ定食は、メンチカツ2ヶに、こんもり千切りキャベツ、レモン&マスタードが添えてあって、これに、ごはん、ワカメスープ、キムチが付いてた。

メンチカツは、10cm位と大きめで厚みもあって、粗めのパン粉を付けて、少し濃い色に揚げてあった。ザクッとした粗めのパン粉の中には、赤みのある粗挽きっぽい挽肉が入ってて、牛肉のメンチカツって感じ。衣が多めに油を含んでた。



宮崎牛カレー ¥500

宮崎牛カレーは、白い鉢皿に、蓮根チップス、真っ赤な福神漬けを添えてよそってあって、これに、ワカメスープ、サラダが付いてた。

カレーは、ぽったり滑らかなルーの中に、ほぐれるように柔らかい牛すじっぽい肉が入ってて、味、辛さ共にマイルドで食べやすく、蓮根チップスが食感がアクセントになってた。



牛すじ煮込み定食 ¥750

牛すじ煮込み定食は、長ネギをトッピングした牛すじ煮込みが、中鉢にたっぷりめによそってあって、これに、ごはん、ワカメスープ、サラダ、キムチ、マスタードが添えてあった。

柔らかく煮えた牛すじが多めに入ってて、意外に食べ応えがあった。



豚軟骨定食 ¥750

豚軟骨定食は、四角い黒皿に、形がややいびつな5〜6cmの肉の塊が5ヶ、白髪ねぎをトッピングして盛られてて、これに、ごはん、ワカメスープ、サラダ、キムチが付いてた。

甘みが効いてて、角煮っぽいが、食べると肉の間から、ねっとりとした半透明の黄色いペースト状のものが出てきて、ちょっと独特の食感&風味。このペースト状のものは、煮込んで溶けた軟骨だったよう。ごはんには微妙だが、酒のつまみにはよさそう。



ホルモン炒め定食 ¥750

ホルモン炒め定食は、ホルモンが多めのもやし&ニラと炒めてあって、これに、ごはん、ワカメスープ、サラダ、キムチが付いてた。



訳ありカルビ定食 ¥890

訳ありカルビ定食は、黒い丸皿に、薄めにスライスした、表面積が大きいカルビ肉が3〜4枚盛られて、これに、これに、ごはん、ワカメスープ、サラダ、キムチ、牛脂が付いてて、ロースターで自分で焼いて食べるようになってる。

薄めの肉は、金網の上に載せると、みるみる、クルクルといびつな形に縮んでしまって、肉厚がないので、カルビらしいジューシーさがなく、見た目より、ボリューム控えめだった。



宮崎牛焼肉定食 ¥1280

宮崎牛焼肉定食は、サシが適度に入った肉6枚に、ごはん、ワカメスープ、サラダ、キムチ、タレ(醤油差し容器入り)が付いてた。

肉目が均一ではなく、いろんな部位のが混じってるよう。ちゃんと焼肉に適した厚さに切ってあるので、表裏を軽く炙ると、柔らかで香ばしく、焼肉気分を満喫できる。


ロースターで肉を焼いてるところ



秀門ステーキ定食 ¥1480

秀門ステーキ定食は、大きめのサイコロ型にカットされたステーキの定食だった。

前回来店した時は、メニューには、サーロイン風の肉の写真が載ってて、日によって提供する肉の部位が違ってるのかも。



赤身の多い脂身控えめの部分の肉だったので、ジューシーさより、肉の弾力が楽しめた。


秀門カルビ ¥890

追加で秀門カルビを注文。焼肉の定番のカルビらしいジューシー感がしっかり味わえた。

牛を宮崎の安楽畜産から仕入れてる、大きな黒い牛の置物と豚軟骨定食があることなど、つくば市の焼肉店『秀苑』と共通してる部分が多く、何らかの関連がありそう。

宮崎牛を1頭買いすることにより、リーズナブルに提供してる。タッチパネルの導入などによって、人件費も抑えているようで、低価格のランチメニューがあって、気軽に立ち寄れる。一方、低価格のランチメニューに合わせて、定食は機能的でシンプルな内容になってるため、値段の高い定食を注文しても、ごはんのお替わり、大盛りには別料金が必要なため、ちょっとお得感は控えめな印象だが、肉を柔らかくする脂注射や食品添加物による加工、成型肉の使用はしていないので、安心して肉が食べられる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

焼肉『秀門』
 茨城県土浦市大和町4-1 7F
 電話:029-823-5529
 営業:11:00~14:30
   (LO14:00)
    17:00~翌4:00
   (LO3:00)
 金土祝前日〜翌5:00
 定休日:無休