TX研究学園駅近くの居酒屋(去年9月開店)が、ランチ限定で淡路島カレーを去年11月に始めた。

東側は黒&グレー、西側が赤茶色の2階建ビルの2階にある。

このビルの表と裏の9台分ほどの駐車場が共同駐車場のよう≫人気blogランキング



つくば研究学園郵便局の、道路を挟んで斜め向かい側にある。

ビル西側2階のベランダに、目印の幟がはためいてる。

淡路島カレーとは、淡路島で育てた、玉ねぎ+9種類のフルーツ+鶏がら・デミグラスソース+スパイスを加えて、「甘み」「コク」「辛さ」のある、味大人志向のカレー。

バーなどの飲食店にカレールーを卸していくという、代理店とFCを混合したビジネススタイルで、約2年間で加盟店を全国150店舗以上に増やした。

 

ビル1階の上り口にメニューなどが出てなくて、店がどこか、営業中かどうか、駐車場がどこか、など全てが分からない。

とりあえず、ビル東側の階段を上って2階へ。

階段の途中に、淡路島カレーのメニューが表示されてた。



階段を上りきって2階に着くと、店があった。

ガラスサッシの片開き扉を開けて店内へ。



店内は縦に長い方形。右手がカウンター席、通路を隔てた、左手壁に沿ってテーブル席が配置されてた。

いらっしゃいませ、と30代位の女性に迎えられて、どうぞ、と奥の席へと誘導された。



店内は、すっきりスタイリッシュな雰囲気。

カウンター内が縦長の厨房になってて、30〜40代のやや細身の男性が働いてて、この人が店主のよう。

 


メニューから、淡路島カレーの、スタウトポークカレーとプレーンカレーを、サイズを3つ(ビッグ、レギュラー、スモール)、辛さ(1〜5)を選んで注文した。



先に、ミニサラダが運ばれてきた。ドレッシングが2種添えられた。

ちょっと待ってたら、丸い深皿でカレーが運ばれてきた。



淡路島プレーンカレー(レギュラー、1辛)
 ¥680 +¥50

プレーンカレーは、レギュラーサイズ、1辛で注文。

ラグビーボール型に形成されたごはんを覆うように、上からカレールーがたっぷりめにかかってた。フライドオニオンがトッピングされ、キャベツのピクルスが添えられてた。

カレールーは、具の入っていない、ぽったりピューレ風で、フルーティーな甘みがあり、くら寿しのシャリカレーに似てた。1辛で注文したが、中辛〜辛口の間の、やや辛って感じで、思ってたより辛さがあった。

キャベツのピクルスは、やや大きめに切れたキャベツに透明感がでてて、甘酸っぱく、いい具合に浸かってた。池袋TOBU地下のカレー店「サンマルコ」のなすびカレーを買ってくるときは、キャベツのピクルスも一緒に買ってくるくらいのピクルス好きな私だが、このピクルスも持ち帰りたかった〜。

カレールーの下には、白いごはんが入ってた。炊きたての新米と合わせたら、淡路島カレーがグレードアップしそう。



淡路島スタウトポークカレー(レギュラー、2辛)
 ¥880 +¥100

スタウトポークカレーは、ごはんの上に、スタウトビールで柔らかく煮込んだ豚肉が2枚を載せ、その上から、カレールーがたっぷりめにかかってて、フライドオニオン、ピクルスが添えられてた。2辛はかなり辛かった。ちなみに、0(ゼロ)辛もあるそう。

スタウトポークは、一般のラーメン店のチャーシューより、厚みがあった。ふっくら柔らかで、余計な味付けがされてないので、カレールーとよく絡む。他の料理にも合いそう。

フルーティーな甘さのカレールーと、柔らかなスタウトポーク、フライドオニオンの相性がよく、その時々の気分で、いろんな辛さのカレーを味わってみたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『麒麟倶楽部(キリンクラブ)』
 茨城県つくば市研究学園5-2-2-202

 電話:029-853-8282
 営業:11:30~14:00
 定休日:

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。