取手市の旧藤代町地区にある食事処。

2階建て雑居ビル1階の、2つ並ぶ店舗の1つ。

ラーメン300円の看板が出てた≫人気blogランキング



国道6号の藤代交差点から70m程北の住宅街にある。

建物前が、共同っぽい10数台分の駐車場になってた。

紺地の暖簾をくぐり、引き戸を開けて店内へ。



中に入ると、店内は横に長い方形。

少し広くなってる左手は、厨房とそれに面したカウンター席と通路を隔てて、テーブル席が配置されてる。



右手は、テーブル2つの小上がりになってた。

いらっしゃいませ、と店主らしき60代位の男性に迎えられて席に座った。



メニューから、ラーメン¥300と、さばみそ煮定食¥650などを注文した。

店主らしき男性は、お水を運んできて注文を取ると、厨房に戻って調理に取りかかってて、1人で切り盛りしてる店のよう。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


さばみそ煮定食 ¥650

さば味噌煮は、サバ半身が、少し濃い色をした味噌で煮てあって、多めの煮汁の中に入ってた。ごはん、みそ汁、漬け物、大根サラダが添えてあった。

さばみそ煮は、作りたてではないが、そんなに古くはないようで、チェーン店のように脂が分離してるようなこともなく、味がしみ込んでてごはんのおかずにぴったりだった。



ラーメン ¥300

麺…少し縮れた細麺
スープ…油分中くらい、あっさり系
具…焼き豚、メンマ、なると、のり、ねぎ

ラーメンは、やや控えめのスープの中に、少し縮れぎみの細麺が入ってて、具がトッピングされてた。

スープは油分はまあまあ浮いてるが、ダシの風味軽めで、あっさりとしてて、具もちょっと控えめな感じでトッピングされてた。

オーソドックスで食べやすく、しっかり食べたい時にはちょっともの足りないが、1品たしたり、軽食としてならちょうどいい量。



タンメン ¥500

タンメンは、作りたての熱々で運ばれてきた。

縮れた細麺の上に、炒めた具(もやし、人参、きくらげ、白菜、玉ねぎなど)が載ってた。炒めた後、スープと馴染ませてあるので、シャキシャキ感が適度で食べやすい。



チャーハン ¥450

チャーハンは、ごはんが、焼き豚、玉子と一緒に香ばしく炒めてあった。そう脂っこくなく、グリンピースが入ってて、庶民的な昔懐かしいチャーハンだった。


野菜炒め ¥400

野菜炒めは、もやし、キャベツ、人参、ピーマンなどが強火で炒めてあった。軽く酸味が効いてて、ちょっと酸っぱい感じの野菜炒めだった。


串カツ定食 ¥900

串カツ定食は、ややオレンジかかった色に揚がった串カツ2本に、キャベツが添えてあって、ごはん、みそ汁、漬け物、大根サラダが付いてた。

雰囲気、値段などが、昭和にタイムスリップしたような店。店主は1人で切り盛りしてるが、手際がいいようで、そんなに待たずに料理が出てくるので、気楽に立ち寄れる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『ふじみ屋食堂』
 茨城県取手市藤代195-5

 電話:0297-83-0169
 営業:
 定休日:火曜