龍ヶ崎市の中心街にある昔懐かしい感じの洋食屋。

南北に細長い建物で、急傾斜のキャラメル色の瓦屋根のある北側が店舗になってる。

脇の細い路地を入った先にある、建物裏手に、意外に広い駐車場があった≫人気blogランキング



龍ヶ崎駅の1.5km程東の中心街にある。

 

玄関脇のショーケース内に、料理見本が並んでた。

ドアを開けて店内へ。



中に入ると、右手がテーブル席(4人、2人×2)、左手が小上がり席(4人×2)があって、店内奥が厨房になってた。



壁には、お酒とおつまみメニューが貼られてて、居酒屋を兼ねてる雰囲気。

いらっしゃいませ、と三角布(帽子?)をかぶった40〜50代位の女性に迎えられて、空いてる席に座った。奥の厨房では、店主らしき男性が働いてて、夫婦で切り盛りしてるよう。

 

すぐにメニューを持ってきてくれた。

看板メニューらしき、ポークソテー¥1100、ハンバーグミネポタ(玉子)¥900、を+¥300で、ライス、みそ汁、漬物付きの定食で注文した。



ポークソテー ¥1100

ちょっと待ってたら、ポークソテーが、鉄板で運ばれてきた。

大きくて厚みのある豚ロース肉のソテーで、フライドポテト、スパゲッティ、ピーマンが添えてあった。

甘しょっぱいタレが多めにかかってて、鉄板に触れてるタレは、ちょっと焦げてて香ばしい。見た目より、ずっしり大きめで食べ応えがあった。しっかり肉を食べたいに男性に人気がありそう。



ハンバーグミネポタ(玉子)¥900

ハンバーグミネポタは、ハンバーグの上に目玉焼きが載ってた。ミネポタというのは、笑点で木久扇師匠がよく歌ってる「ミネソタの卵売り」から付けた品名?

デミグラスソースのたっぷりかかってるハンバーグは柔らかで、フライドポテト、スパゲッティ、ピーマンが添えてあった。



鶏肉の南蛮漬け ¥850

鶏肉の南蛮漬けは、お皿で運ばれてきた。

大きめの鶏モモ肉が、唐揚げ風の衣でカラッと揚げた後、玉ねぎ、唐辛子入りの甘酸っぱいタレにくぐらせて、千切りキャベツ、スパゲッティが添えてあった。

ぴりっとした辛さと、酸味が程よく、10ヶくらいに切り分けてあったので、厚みがあったけれど、さっぱりとしてて食べやすかった。



ポークジンジャー ¥900

ポークジンジャーは、生姜風味のタレで炒めた5mm強程の豚ロース肉2枚が、鉄板で運ばれてきた。

甘しょっぱいタレがしっかり絡んでて、ごはんのおかずにピッタリ。ポークソテー程のインパクトはないが、肉の量多めだった。



ライス、みそ汁、漬物 +¥300

+¥300で、ライス、みそ汁、漬物付きにした。料理にボリュームがあるので、女性なら半ライスでもよさそう。



スパゲッティナポリタンカレー ¥800

スパゲッティナポリタンカレーというのは初めて聞いたが、地元の人気メニューのよう。

ナポリタンの上に、角切り肉のゴロゴロ入ったカレーがたっぷりかかって、運ばれてきた時には、ちょっとびっくりした。

見た目だと、カレー味の方が勝ってるようにみえたが、食べてる見ると、意外や意外。カレーの味が、うまくナポリタンに吸収されて、ちょっとスパイシーなナポリタンになってた。

角切りの豚肉の他、荒びきソーセージ、サラミなども入ってて、具沢山。味の付いてナポリタンにカレーがかかってるため、やや濃い味仕立てで、育ちざかりや、若い男性に向きそう。

電話がしきりに鳴ってて、近所には出前もしてるよう。手作り感のあるボリュームたっぷりの料理が食べられる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■レストラン『サトー』
 茨城県龍ケ崎市砂町5114
 電話:0297-62-1643
 営業:11:00~15:00
    17:00~22:00
    (LO20:30)
 定休日:月曜