取手市にあるチャイニーズ店というか定食屋を兼ねた店。

青い屋根瓦の寄棟造りの2階建てで、1階が店舗。

南隣の空き地の店寄り部分が、数台分の駐車場になってた≫人気blogランキング



国道6号の藤代交差点から、200m北の住宅地にある。

取手で出前もしてる大きな店を営んでたが、平成4年に取手市から移転してきた。(当時はこの付近は藤代町だった。)

店頭には、メニューなど何も表示されてなかった。玄関引き戸を開けて店内へ。



店内は、奥に長い方形。正面奥へと通路が延び、右手が縦に長い厨房とそれに面したカウンター5席、左手はテーブル席×2があった。通路奥にはお座敷席があった。

やや古めいてて、昭和っぽい庶民的な店。

いらっしゃいませ、と60〜70代くらいの女性に、ややそっけなく迎えられて、席に座った。厨房では、接客の女性よりいくつか年かさの小柄で白髪の女性が料理を作ってて、姉妹で切り盛りしてるよう。



カウンター前と上にメニューが表示されてた。おすすめらしきホワイトボードには定食類があり、壁のメニューにはチャイニーズメニューがあった。

先客のテーブル席に座ってた男性は、酎ハイを飲んでて、地元密着の雰囲気。

注文受けると、厨房にいる女性はすぐに調理に取りかかってて、あまり待たずに料理が運ばれてきた。



さば塩定食 ¥750

さば塩定食は、長皿に、皮目がこんがり焼けた塩サバ半身+大根おろしがたっぷり載ってて、これに、ごはん(丼めし)、みそ汁、冷や奴、漬物が付いてた。

サバは、塩サバながら身がふっくらとしてて、たっぷりの大根おろしが塩分を和らげ、塩サバが、みずみずしく食べられた。醤油をたらすと、より風味が増して、ごはんのおかずにぴったり。

ごはんとみそ汁が温かで、冷や奴と漬け物が冷えてて、派手さはないが、手間をかけて作ってある定食だった。



焼肉定食 ¥850

焼肉定食は、楕円の白皿に、甘からいタレを絡めて炒めた豚ロース3枚が、千切りキャベツを添えて盛られてて、これに、ごはん、みそ汁、冷や奴、漬物が付いてた。

豚ロースは、ちょっと厚みのある薄切りで、焦げ目が付いてて、香ばしく焼けてて、ボリュームがあった。



イカフライ定食 ¥750

イカフライ定食は、12〜3cmくらいの身厚で細長いイカフライ2本に、千切りキャベツが添えてあった。

イカフライは、油切れよくサクッと揚がってて、それぞれ3つにカットしてあるので、食べやすかった。



チャーハン ¥630

チャーハンは、焼豚、なると、玉子、長ネギ+ごはんが、強火で炒めてあって、油っぽくないのに、パラパラとしてて、具が多めで、香ばしく、本格的な味で、男性に受けそう。



ラーメン ¥580

・麺…中細ウエーブ麵
・スープ…醤油色が濃い、背脂なし
・具…焼豚、メンマ、なると、わかめ、ねぎ

ラーメンは、小ぶりの丼で運ばれてきた。

スープは、醤油色が濃く、表面には、油分が中〜やや控えめに浮いてた。食べてみると、塩分少し強めながら、麵はつるつるとしてるオーソドックスなラーメンで、見た目ほどしょっぱくはなく、軽く全部食べられた。



タンメン ¥700

タンメンは、熱々作りたて。

スープが白濁してて、ちょっとちゃんぽん風。多めの豚肉+キャベツ、もやし、ニラ、人参、キクラゲが、炒めた後、スープを加えて少し煮込んであって、野菜がややしっとりとした食感になってた。

とはいっても、野菜はいったん炒めてあるのでくたっとしていなくて、スープに馴染んで少ししんなりとしてて、しっかり作ったタンメンだった。


野菜炒め ¥580

野菜炒めは、小ぶりの皿にこんもり盛られてた。

店は少し古めいてるが、ちゃんと手間をかけた作りたて熱々の料理が食べられる。この付近に来たら、気軽に食事するのに便利な店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『伸栄飯店』
 茨城県取手市藤代1752-1

 電話:0297-83-0690
 営業:11:00頃~
 定休日:木、第3水