牛久沼北側の高台にある、白壁&テラコッタ屋根の全25室のこぢんまりとしたリゾートホテル

掛け流しの天然温泉、スポーツ施設(ゴルフ練習場、テニスコート、フットサル)を有し、夏は屋外プール(全長100mのウオータースライダーあり、今年は7月18日から)も営業する。宿泊だけでなく、日帰り入浴やプールが楽しめる。

レストランだけを利用することもできる≫人気blogランキング



つくば市茎崎運動公園の約1.7km南の、長閑な畑の中にある。

行く途中、大きな看板があるので迷わず行ける。脇に200台以上止められる駐車場があり、その他にも、プール専用駐車場もあった。夏にはプール利用客で混むよう。



ホテル西側の青い屋根の一画がレストランになってる。

レストランには、ホテルの中からも入れるし、駐車場から直接入れるドアもある。

 

敷地の入口に、案内図が出てた。

北側に張り出した、青い屋根の車寄せの部分のホテル正面玄関から館内へ入ってみた。



すぐ右手にフロントがあり、広い通路が正面奥へと延びてた。



その正面突き当たりがロビーで、ガラス扉を開けて外へ出ると、プールがあった。その向こうに牛久沼が見えた。天の橋立にちょっと似てた。

 

ロビー手前で、右手に進むと、通路奥にレストランがあった。

半アーチ型の壁をくぐって中に入ると、左手のレジ&受付にいた女性がいらっしゃいませと迎えてくれて、奥から出てきた接客係の女性が席へと案内してくれた。



入口は小さかったが、レストランは意外に広く、正面〜右手へと駐車場側の大きな窓に沿って、席が多く開放的。閉まってた襖の向こうには、お座敷席もあるよう。



テーブルは、窓際には4人用が、中央には、いくつか連ねて配置してあって、宿泊客の朝食や夕食会場としても使っているよう。

各テーブル中央には、ピンク系の和風市松模様のテーブルランナーがかかってて、機能的でありながら、ホテルレストランらしいおしゃれさも感じられる。

 


ホテルのHPでは、メニューがあまり載ってなかったが、メニューは非常に豊富。定食、丼もの、一品料理などあり、誰が行っても食べるものがありそう。

おすすめ品は、松花堂弁当¥1500と海鮮重¥1500のよう。

松花堂弁当は27〜28cm位の黒い四角のお弁当箱で、それ以外の料理は朱色の半月盆で運ばれてきた。



松花堂弁当 ¥1500

松花堂弁当は、 弁当箱で蓋をした状態で運ばれてきた。接客係の女性は、お弁当をテーブルの上に載せると、蓋を開けてくれる(蓋はそのまま持ち去った)。

お弁当は、4つに仕切られてて、天ぷら、刺身、煮物、焼物の4品が入ってた。

天ぷらは、海老、いか、いんげん、かぼちゃの4点盛りで、刺身は、中トロ&鯛で、下にキラキラ光る海藻ビードロ(海藻麵)が敷いてあった。煮物は、焼きナス、身欠きニシン、スナップエンドウで、冷たく冷やしてあり、焼物は、さわらの西京焼きだった。

これに、ごはん、みそ汁、漬物、天つゆが付いてた(ごはんには、大葉みそがかかってた)。値段を考えると豪華で、お得なメニューで、注文している人も多かった。



海鮮重 ¥1500

海鮮重は、四角いお重が、蓋を閉めず(閉まらず)に、半分ずらして添えた状態で運ばれてきた。

酢飯の上に、有頭海老2尾を中心に、鰹、サーモン、タコ、ヒラメ、鯛、イクラが、小ネギ&みょうがなどの薬味を添えて、あふれんばかりに盛られてて、宝箱のように豪華で、ボリュームたっぷりで食べ応えがあり、おすすめ料理に相応しくお得感があった。



魚のあら煮定食 ¥880

魚のあら煮は、この日はかさごで、深鉢に、丸丸1尾が入ってた。

身が少し堅めで、煮たてではないが、あまり古くはない煮魚で、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。この値段のなら、満足できる内容。



漁師汁定食(ネギトロ丼付)¥880

漁師汁は、白い丼に、カニ入りのみそ汁が片足をはみ出すように盛られてた。お手頃価格なのに豪快な定食。

丼の中には、カニの他に、大きめの鱈のカマの部分、丸ごとの白子2ヶ、たっぷりの長ネギ&あおさも入ってた。

カニや鱈は冷凍されてたようで、ふっくら感は控えめだったが、くさみなく、見栄えがした。みそ汁は、たっぷりの長ネギが効いてて、熱々だった。

ネギトロ丼は、あっさりとしたマグロの赤身で、ペースト状ではなく、こそげ落としたような食感で、よけいな脂が添加さるネギトロが苦手な私でも食べられた。上には、刻みねぎ、みょうががたっぷりトッピングされてて、これに、漬け物、小鉢が付いてた。



鶏の唐揚げ定食 ¥880

鶏の唐揚げは、6ヶが、楕円の鉢皿にレタス、パプリカ、トマト、レモンを添えて盛られてた。揚げたての熱々で、ごはん、みそ汁、漬け物、小鉢が付いてた。



国産牛カルビ丼 ¥1200

国産牛カルビ丼は、浅鉢に、レタス&リーフ、黄&赤のパプリカ、トマトを添えてカラフルに盛られてた。

ごはんの量はやや控えめで、上には、国産牛カルビ肉は、4cm×7〜10cmのちょっと縮みのある長方形型のが10枚以上載ってて、ごはんより肉の量がたっぷりの贅沢なカルビ丼で、しっかり食べたい男性は、ごはん大盛りが良さそう。これに、みそ汁、漬け物、小鉢が付いてた。



鶏と野菜の石焼きスープ定食 ¥1200

鶏と野菜の石焼きスープ定食は、石鍋でぐつぐつ煮えた状態で運ばれてきた。

沸騰したため、スープ表面はやや泡だってたが、その下のスープ、ほぼ澄んでた。たっぷりの野菜(もやし、ニラ、玉ねぎ、人参、キャベツ、長ネギ、しめじ)の中に、鶏肉が多めに混じってて、麵のないタンメンみたいだった。これに、ごはん、漬け物、小鉢が付いてた。



豚のスタミナ陶板焼き定食 ¥1200

豚のスタミナ陶板焼きは、 固形燃料用のコンロの上に、1人用の陶板が蓋を閉じた状態で運ばれてきた。すでに加熱されてて、コンロの中には、燃料は入っていなかった。

蓋を開けると、野菜の上に、薄切りの豚ロース肉4枚が広げるように載ってて、甘しょっぱいタレがた多めにかかってて、これに、ごはん、みそ汁、漬け物、小鉢が付いてた。

宿泊客用にセッティングされたテーブルの上にも、同型のコンロと陶板の蓋などが準備されてて、この店の定番にして得意料理のよう。


パリジャンポテト(↑2本食べてしまった写真) ¥300

パリジャンポテトは、唐揚げ粉をまぶしてカラリと揚げたポテトで、ビールのつまみにぴったり。(写真を撮る前に、つい手が出て食べてしまった、、、)

のんびりゆったりできて、お手頃価格で充実したお得な内容で夜も昼も食べられる。近くにあったら、ちょくちょく行っちゃいそう。おしゃれに牛久沼が眺められて、夏休みのプチ観光にもぴったり。ランチだけを食べに行くのもいいが、日帰り入浴やプールを利用した際に、有料での客室の利用もできるようなので、リッチにいろいろ楽しめそう。意外な穴場と言える。おすすめ度は、7.2。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『ホテルレイクサイドつくば』
 茨城県つくば市下岩崎708-1
 電話:029-876-5050
 営業:11:00~14:00
 (土日祝は~15:00)
    17:30~20:30
 定休日:無休?