桜川市真壁地区にある、和牛もも肉100%の俵ハンバーグが看板メニューの店。平成3年開業。

半切妻+ドーマーウインドーの屋根が3つ連なった、ちょっと複雑な形の建物。

建物前に約15台分の駐車場があり、東側の広い空き地にも駐車できる≫人気blogランキング



桜川筑西ICの9km程南の県道7号沿いにある。道路沿いに看板があり、奥まって店が建つ。

開業後、経営難になったが、平成10年、テレビ番組「貧乏脱出大作戦」に出演した女性店主が、東京の2人のシェフ(浅草『レストラン大宮』大宮勝雄氏、小金井市『WOODSTOCK(ウッドストック)』小泉茂氏)の元で修業した後、平成11年リニューアルオープンした。



玄関前にメニュー2つが表示されてた。

ハンバーグセット:俵ハンバーグ+サラダorスープ、ライスorパン
ペンギンコース:セット+前菜、デザート、ドリンク

という内容で、ハンバーグのサイズが、選べる。

玄関ドアを開けて、店内へ。



中に入ると、正面奥にレジがあって、レジを挟んで左右が2カ所に分かれた客席になってた。

左手は、壁の凹凸に沿ってテーブルが配置された、ちょっと落ち着いた客席で、通路を隔てて、奥には厨房になってた。

 

右手は、裏手の庭に面した窓のある客席で、テーブルが2列に配置されてた。

いらっしゃいませと、接客担当の女性に迎えられて席へと案内された。



メニューはやはり、俵ハンバーグセットとペンギンコースの2つのみだった。ちょっと考えて、セットとコースの両方を注文した。

ハンバーグは、サイズを140g、160g、240gで、ソースは、7種から、デミグラス、特製和風しょうゆ、フランス産塩をチョイス。ハンバーグの焼き方も聞かれた。おすすめはミディアムとのことだったので、3つともミディアムで注文した。


スープ

先にスープが運ばれてきた。具なしの澄んだコンソメスープで、インスタントではなさそう。


コースの前菜(3種から選べる)
左:国産豚ロースと鶏もも肉のテリーヌ、クリーミー仕立て
右:初かつおのタタキ、サラダ仕立て、ピリ辛ドレッシング

前菜は、大きめのお皿で運ばれてきた。

国産豚ロースと鶏もも肉のテリーヌは、粗挽き感のあるテリーヌで、オリーブオイル&胡椒をかけ、生野菜がこんもり添えてあった。刻んだピクルス、粒マスタードの酸味と辛さによって、さっぱりと味わえた。

初かつおのタタキは、レタスの上に、かつおのタタキを載せ、ラー油っぽい辛みのあるドレッシングがかかってた。上にトッピングされてる、パリパリとした皮(しゅうまいの皮を揚げたもの)が香ばしく、散らしてあるレッドペッパーがピリッと味を引き締めてた。

 


ハンバーグは、鉄板で運ばれてきた。超熱々で、ジュージュー音をたててた。広げて下さいと言われて、テーブルの上に置いた紙ナプキンの上(端の方)に載せてくれる。

油がはねるので、紙ナプキンの手前側の端と端を左右の手で持って、胸〜顔くらいまで持ち上げると、専用ナイフ&フォークを手にした女性がやってきて(運んできた女性のこともある)、目の前で俵ハンバーグを縦半分に切り、切りたてのまだ赤いハンバーグ断面を熱々の鉄板に押しつけると、ソースをかけていいですか?と聞かれた。うなずくと、ハンバーグの上に、ソースをかけ、その直後に、下に敷いてた紙ナプキンで、料理を覆うと、ナプキンの端の部分を鉄板の下にたくし込むようにして、鉄板全体を包んで固定し、蒸してますので少ししてからお召し上がり下さいと言われた。

しばし待って、包んでた紙ナプキンを開けると、下記の状態のハンバーグになってる。



俵ハンバーグセット:1.5倍サイズ(240g、塩)¥1870

ハンバーグセットは、大きめ1.5倍サイズにした。ソースはフランス産塩を選んだので、ハンバーグを半分に切って、断面を鉄板に押しつけた後、すぐに紙ナプキンで覆ってくれた。

俵という名のとおり、円柱型のハンバーグで、鉄板の上に横たえた状態で運ばれてくる。表面のキメが整ってて、こんがり焼き色がついててて、しっかり空気抜きしてから、多めの油で加熱してあるよう。

和牛もも100%のハンバーグは、玉ねぎなどは何も入っておらず、まさに肉だけのハンバーグだった。

ミディアムで注文したら、テーブルに運ばれてきた時は、表面には焼き色がついてるが、中はほとんど赤い状態だった。半分に切り、断面を下の鉄板に押しつけて、紙ナプキンで覆って蒸した後なので、肉の中まで温まっているが、肉の内部はまだ赤色が残ってる状態だった。

脂身のほとんどない肉で、しっとりしてて弾力がある。通常のハンバーグとは異なり、肉の繊維感が残ってて、ほぐした肉でつくってある感じ。脂身が少ないせいか、和牛特有の風味も控えめで、油っぽさなく、ハンバーグなのに、意外に淡泊であっさりとしてる。

塩を振って食べると、牛肉そのもののみの味が口の中に広がり、ハンバーグというより、柔らかいステーキに近い味わい。

付け合わせは、じゃがいも、コーン&玉ねぎ、人参のグラッセ、インゲンとカラフル。コーンは缶詰だが、それ以外は、冷凍品ではないよう。ファミレスの付け合わせとは違って、野菜の味がした。



ハンバーグコース(ペンギンコース):
 レディースサイズ(140g、デミグラスソース)¥2500

コースの1つは、少し小さめのレディースサイズ140gで、デミグラスソースで注文。

半分に切り、断面を下の鉄板に押しつけた後、2つになったハンバーグにデミグラスソースをかけると、ハンバーグから伝い流れたソースが熱々の鉄板に接触し、一気に沸騰、音&油煙が立ち上り、しずく感たっぷりで、食欲が増す。

デミグラスソースは、野菜っぽい甘みがあり自家製のよう。塩で食べるより、ハンバーグっぽかった。



ハンバーグコース(ペンギンコース):
 ふつうサイズ(180g、特製和風しょうゆ)¥2700

もう1つのコースは、ふつうサイズ180g、特製和風しょうゆで注文した。半分に切った後、ソースをかけると、音&油煙とともに、焦げた醤油のにおいが立ち上り、胃袋を刺激する。

紙ナプキンで覆って蒸した後、ナプキンを開けると、和風しょうゆソースは鉄板の熱気でほぼ蒸発してて、焦げて香ばしくなった醤油の風味が、ハンバーグと鉄板に残ってる。

塩、デミグラスより、ごはんにぴったり。



パンorライス

パンは、中がふっくら柔らかい、丸形の自家製フランスパンだった。ごはんは、炊きたてで、1.5倍サイズのハンバーグのライスは、ちょっと大盛りだった。


コースのドリンク
左:コーヒー
右:アイスカフェオーレ

コースのドリンクは、10種〜選べた。


コースのデザート(4種から選べる)
左:アメリカンチェリーのタルト、ペンギンスタイル
   自家製チーズジェラート添え
右:自家製チョコレートジェラートのパフェ仕立て
   コーヒーゼリーを下に

コースのデザートは、4種から選べた。

アメリカンチェリーのタルトは、パートサブレ風の生地と、カスタードクリームの上に、チーズジェラート+アメリカンチェリーが載ってて、タルト風。

チョコレートジェラートのパフェ仕立ては、逆円錐型のグラスに、コーヒーゼリーの上に、2つの食感のチョコレートジェラートを載せて盛りつけてあった。

ステーキに近い、肉の風味をしっかり味わえるハンバーグ。注文する大きさによって、焼き方の注文を変えた方がよさそう(小さめなら、レアが良さそう)。長閑な地区にあり、ゆったりとおしゃれに独特のハンバーグが楽しめる店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『ペンギン』
 茨城県桜川市真壁町塙世560-1
 電話:0296-54-1193
 営業:11:30~14:30
      (LO)
    17:30~20:30
      (LO)
 土日祝は中休みなし
 定休日:月曜日
 全席禁煙