ミニストップの冷たいデザート。かき氷、ソフトフロートに加えて、平成7年から毎年夏限定で販売。

大きめのプラスチックコップに、かき氷、ジュレ状のゼリー(具入り)、バニラソフトクリームの順に3層に盛られてる。

年ごとに発売期間が長くなってるようで、今年は5月から4種のフレーバー(ラムネ、巨峰、白くま、黒蜜きなこ)で発売された≫人気blogランキング



ハロハロ(Halo Halo)は、タガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、フィリピンでは一般的な冷たいデザート。食材に特別な決まりがなく、カキ氷+アイス、果物、ゼリー、プリンなどを加えて作られる。

我が家では、もものハロハロが登場した平成11年頃から食べてて、ハロハロを見ると夏の訪れを感じる。

当時、もものハロハロの登場は斬新だった。普通のかき氷とは違うミニストップだけの味で、すっかりはまってしまった。

毎年フレーバー(味)は替わる。平成20年までは、毎年3〜4種だったが、平成21年からは、途中で入れ替わり5種以上になり、店頭では常時3〜4種から買える。

以前は7〜8月の限定品で、9月上旬には店頭から消えてたが、フレーバーが増えた頃から、発売期間も長くなった。


ハロハロ 巨峰 ¥270

4種のフレーバーから、準定番の巨峰を購入した。フレーバーによって、材料&構造が少し異なってる。

◎ラムネ、フルーツ系:
かき氷、ジュレ状ゼリー、バニラソフトクリーム
◎宇治金時:
かき氷、小豆&白玉、バニラソフトクリーム



どのフレーバーも、今のところ、かき氷、バニラソフトクリームは、共通で、いちばん上には、滑らかなバニラのソフトクリームが載ってる。

 

ソフトクリームの下には、ジュレ状のゼリーが入ってる。ゼリーには、カラフルな具(ハート形の赤いゼリー、ナタデココ、黄桃、パイナップル、リンゴ)が入ってて、その下にある、巨峰味のかき氷に、ソース風になじむ。

上から順に食べてもいいし、穴を掘るように食べすすめば、ソフトクリーム、ジュレ、かき氷の混じり合った味&食感で味わえる。

いちばん下が、かき氷になってて、最後は溶けかけた氷を飲み干すように、さっぱりと食べ終えるので、ソフトクリームなら躊躇する、真夏日にもOK。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『ミニストップ ハロハロ』
 本社:東京都千代田区神田錦町1-1
 本部:千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
 お客様コールセンター:0120-865-132
 9:00~17:30(日曜を除く)