土浦市右籾にある和食店。20年以上前からあるみたい。

妻入り&大屋根のどっしりとした平屋。出節丸太の支柱のある小屋根の下に玄関があった。

建物東側の空き地が、約10台止められる駐車場になってた≫人気blogランキング



荒川沖駅の2.5km程北東にある。店の前に、送迎用のバスが止まってて、宴会もできるよう。

店頭のランチの赤い幟が風にはためいてたので、立ち寄ってみた

黄色い暖簾をくぐり、玄関扉を開けて店内へ。



入ると、正面奥へと通路が伸び、その左手は、広いお座敷(40人は入れそう)になってた(棚の間に襖戸が3つ並んてでる)。



右手には、厨房とそれに面したカウンター席、その手前には、お座敷席があった。



いらっしゃいませ、とカウンター内にいた店主らしき60代の男性と、50代位の接客係の女性に迎えられて、空いてる席に座った。



すぐに、接客係の女性が、メニューが手書きされてるホワイトボードを持ってきてくれた。日替わりのおすすめ品のようで、魚料理が多かった。

テーブル脇に写真入りのメニューがあり、魚以外の定食も豊富にあった。

ちょっと考えて、カマス焼き定食¥840と、マグロ刺+肩ロースしそ巻カツ定食¥950を注文した。

カウンター席の奥側が広い厨房になってて、店主の息子さんらしき30代位の男性も忙しそうに働いてた。接客係の女性も2〜3人いて、みんなテキパキ働いてた。




別冊で、夜メニューもあった。

ちょっと待ってたら、黒いお盆で料理が運ばれてきた。



カマス焼き定食 ¥840

カマス定食は、25cm以上もありそうな、スーパーではあまり見かけない、型のいいカマスの姿焼きにしてあって、大根おろしを添えて、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、サラダ、漬物が付いてた。値段の割に豪華な内容。

カマスは鮮度よく、身厚で、ふっくらと焼けてた。茶碗蒸しは、蒸したての熱々で、プルプル滑らか。



マグロ刺+肩ロースしそ巻カツ定食 ¥950

刺身&料理がセットになってる定食。マグロ3切れに、サクッと揚がった筒型のしそ巻カツ2ヶに生や愛が添えられてて、これに、15穀米(or白米)、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、漬物が付いてる。



どじょう柳川定食 ¥1050

どじょう柳川定食は、浅型の土鍋+ごはん、みそ汁、サラダ、漬物、茶碗蒸し(後から運ばれてきた)が付いてた。

土鍋の蓋を開けると、湯気とにおいがたちのぼる。中には、少し甘口のダシ&玉子で、たっぷりのささがきごぼうといっしょにどじょうが、とじてあった。ダシがにごってなくて、苦みもなくて、とても食べやすかった。



ボイルホタルイカと野菜天定 ¥730

野菜天ぷらに、ホタルイカの天ぷら4ヶが添えてあって、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、サラダ、漬物、天つゆが付いてた。



ヒラメ刺+貝柱フライ ¥950

ヒラメ刺身に、直径3〜4cmの帆立貝柱フライが2ヶ&生野菜が添えてあって、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、漬物が付いてた。



麦とろ御膳 ¥840

麦とろ御膳は、とろろ(なめこ入り)+マグロ刺身、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、サラダ、漬物が付いてた。




鶏から揚げ定食 ¥730

鶏から揚げ定食は、カラっと揚がった唐揚げ4ヶに生野菜を添えて、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、漬物が付いてた。



ヒレカツ定食 ¥840

ヒレカツ定食は、ヒレカツ3枚にに生野菜を添えて、ごはん、みそ汁、茶碗蒸し、漬物が付いてた。

千円以下の定食が多く、鮮度のいい旬の魚が食べられて、さらに、熱々茶碗蒸しまで付いてて、意外に豪華。おすすめ度は、7.6。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ 『一源』
 茨城県土浦市右籾2611-3

 電話:029-842-7810
 営業:11:30~14:00
    17:00~22:00
 定休日:月曜日