龍ケ崎市にある和食店。

切妻瓦屋根の昭和風の2階建て。窓辺に竹笹が植わってて、風流な感じ。

建物脇に4台と、裏の民家の前に5台分の駐車場がある≫人気blogランキング



佐貫駅の東北東約5kmのところにある

道路脇に看板はあるが、店はあまり目立たない。



玄関の小屋根の下にメニューが掲示されてた。ランチはお手頃価格。

山吹色の暖簾をくぐり、玄関引き戸を開けて店の中へ。



店内は縦に長い方形。正面奥へと通路が延びてて、通路の右手は小上がり席になってた。

 

通路左手には、和室が2つ並んでた。

通路の奥突き当たりが、会計カウンターになってて、厨房さらにその奥側(客席から見えない)にあった。

いらっしゃいませ、と接客担当の40代位の女性に迎えられて、こちらへどうぞと席へと案内された。

厨房で働いてた、50代位の男性が店主のようで、接客担当の女性が2人いて、昼は3人で切り盛りしてるみたい。




メニューは天ぷらの種類が多かった。

サービスランチ(週替わりで2種)から、桜エビかき揚丼¥900、さば味噌煮¥900を注文。

ちょっと待ってたら、半月盆で料理が運ばれてきた。



週替ランチ:桜エビかき揚丼 ¥900

桜エビかき揚丼は、ごはんの上に、天つゆが程よく絡んだ、桜エビ&三つ葉のかき揚げが2ヶ載ってた。エビ&衣がサクッと揚がってて、香ばしく。季節感が感じられた。ごはんには、天つゆが控えめにかかってて私好みで、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。



週替ランチ:さば味噌煮 ¥900

さば味噌煮は、長皿に、サバ2切れ(半身分)が盛られてた。サバは、鮮度よく、皮と身の間に、うっすら脂が載ってた。甘しょっぱい、味噌味がちょうどよく、生姜を効かせて、ふっくら煮てあった。

鮮度が良く、脂がのってて、しかも味付けが丁度良かった。いろいろ食べたが、このサバ味噌煮は今まで食べた中で最高の出来だ。

他のメニューも食べてみたかったので、再訪。



週替ランチ:豚ロースかつ煮 ¥900

豚ロースかつ煮は、玉ねぎといっしょに、甘口のダシで玉子でとじてあった。ダシの量が多めで、しっとりめのかつ煮になってた。ごはん、みそ汁、サラダ、漬物が付いてた。



天ぷら膳 ¥1000

天ぷら膳は、海老2ヶ、キス、舞茸、ししとう、なす、破竹が、薄衣でカラッと揚がってた。天つゆ、ごはん、みそ汁、小鉢、漬け物が付いてた。値段を考えると豪華。


山芋とろろ膳 ¥1000

山芋とろろ膳は、とろろ、刺身2点盛り(まぐろ、タコ)に、ごはん、みそ汁、サラダ、漬物が付いてた。

とろろは、ほどよく下味が付いてて、青のりが一文字にかかってた。とろろをかけて食べられるよう、ごはんは、大きめの丼によそってあって、気配りが感じられた。

ヘルシーなのに、盛りだくさんな内容で、お腹いっぱいになって、しっかり満足できた。

 


昼の懐石膳:宝楽(飲み物付き)¥1400

宝楽は、先に、自家製の豆腐が運ばれてきた。プルプルとしてて、餡かけになってて、茶話蒸し風。

料理は、6つに仕切られたお弁当箱の中に、焼魚、天ぷら、煮物、和物&焼物、ごま豆腐、芋饅頭が彩りよく盛られてて、ごはん、みそ汁が付いてた。食後の飲み物は、3種から、あかね茶をチョイスした。


あかね茶(ホット) &コーヒー +¥100

あかね茶は、有機小豆と天然水で入れたお茶で、おしるこの香りがふんわり漂う。甘くはないが、お汁粉気分が味わえる。

お手頃価格なのに季節感があって、めずらしい食材が使われてて、食べてて楽しい。居心地もよいせいか、お昼時は満席のことが多いのも納得できる。おすすめ度は、7.6。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ 季節料理『利兵衛(りへい)』
 茨城県龍ケ崎市貝原塚町1986-3

 電話:0297-62-5673
 営業:11:30~14:00
    17:00~22:00
 定休日:月、第3日曜