バルセロナの公設市場。1845年、サンタ・カタリーナ修道院跡地に開設された。1997年から、改修工事が行われ、エンリック・ミラレースが設計し、その後は妻ベネディッタ・タグリアブレが継いで、2005年に完成し、リニューアルオープンした。

波波の曲線を描く、カラフルなモザイクタイルの木組みの屋根が、サーカスのテント風の建物。

ゴシック様式のカテドラル(La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia)の約400m西にある≫人気blogランキング



バルセロナには、約40の市場があり、ボケリア市場 (=サン ジョセップ市場)とサンタ・カテリーナ市場が有名。ボケリア市場は、バルセロナの台所と呼ばれてる、バルセロナ一大きい市場で観光客も多い。サンタ・カテリーナ市場は、ボケリア市場より小さく、地元密着型のよう。

建物内に入ると、鮮魚、野菜&果物などの店が並んでた。

午後2時を過ぎていたためか、あまり混んでなかった。観光客らしい客も、ほとんどいなかった。



鮮魚店には、鮮度のいい魚、貝、カニ、イカなどが並んでた。




鯖は、目が生き生きしてて、ややスリムな体型ながら、日本の真鯖と体の模様が同じだった。ムール貝は、無造作に山盛りされてた。海老は、手長エビ、赤エビ、小えび(むきえび)、車エビ風のと種類が多かった。シャコもいた。



オリーブ専門店もあって、色や大きさの違うオリーブが並んでて、種類の多さにびっくり。



寿司店っぽい店もあった。海苔を内側に巻いた、のり巻きは、ローマ字で、うらまきと表示されてた。日本のキリンビールや、餅なども陳列されてた。



玉子専門店には、赤や白の卵が並んでた。通常の卵の2倍くらいの大きさの卵もあった。ばら売りしてるので、1コでも買えるし、あれこれ混ぜて購入できる。



バルもあった。



野菜&果物店で、フルーツを買うことにした。店番のおじさんは、英語はわずかに通じたが、とても親切だった。



量り売りのシステムなので、ぶどうや、ザクロを指さすと、量りに載せて重さを量ってくれる。桃を指さして、甘いかどうか尋ねたら、「たいしたことない」とジェスチャーで正直に教えてくれた。メロンは半割で売られてた。もっと小さいサイズ(1/4)はないかと尋ねると、ちょっとすまなさそうに、ないと答えてくれた。

ぶどう、ラズベリー、ざくろを購入。ホテルに持ち帰って食べた。



ぶどう

ぶどうは、無造作に陳列されてたが、実がしっかり枝に付いてて、鮮度がよく、しっかり甘かった。



ザクロ

ザクロは、大きめサイズ(直径20cm近くあった)で、ずっしり重量感があった。

果物ナイフと、握力で、つぶさないないよう、ちょっと苦労して半分に割った。

実がずっしり詰まってて、すごく甘かった。庭にざくろの木があったので、子供の頃からざくろを食べてるが、日本のざくろよりおいしかった。



ラズベリー

ラズベリーは、普通だった。

手頃な大きさの市場で、外国人が行っても特に何ともおもってないようで、みんな親切で意外に買い物がしやすかった。観光を兼ねて行くのにぴったり。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『Mercado de Santa Caterina』
 Avinguda de Francesc Cambo 16 Ciutat Vella, Parc, 08003 Barcelona, Spain
 電話:93 3195 740
 営業:
  月…8:00~14:00
  火水…8:00~15:30
  木金…8:00~20:30
  土…8:00~15:30
 定休日:日、祝日

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。