JR九州の肥薩線の無人駅、嘉例川(かれいがわ)駅で、土、日、祝日に売ってる駅弁。

「九州駅弁グランプリ」で、3年連続優勝したことがある。

鄙びた風情漂う木造駅舎は、明治36年(1903)に建てられたもので、現在も現役≫人気blogランキング



霧島山系の山間にある、大隅横川駅と並ぶ肥薩線最古の駅。駅の周辺も長閑。

「九州駅弁グランプリ」は、JR九州が、平成16年から毎年実施してる駅弁キャンペーンで、投票などから最旨駅弁を決めてる。



人気の駅弁と聞いたので、発売時間の30分前に駅に着いた。

この日は、女性モデルの撮影会が行われてて、駅内には10人以上の人がいた。



10時少し前になると、駅舎の前に停めてあった車から、50代位の普段着姿の男性が降りてきて、青いコンテナをいくつか降ろして、駅舎の中へと運び込んでた。

 


さらに、運び出してきた木製テーブルを慌ただしく組み立ててると、その上に、見本品のお弁当などを載せてて、セッティングが終わると、テーブルがお弁当売り場に早変わりした。




駅内には、駅弁「百年の旅物語 かれい川」の記事やポスターが貼られてた。

わたしたちが、いちばんのりの客だったので、セッティング直後に、注文。弁当は2種類だったので、1ヶづつ購入した。

代金を支払うと、白い袋に入れて渡してくれた。




黒い表紙のが、「かれい川 百年の旅物語」で、うぐいす色のが、「かれい川 花の待つ駅」。

竹ひもをほどいて、表紙をとると、中には、竹皮でできてる素朴な弁当箱が現れる。手の上に載せると、やわらかにしなる薄手の竹皮を通して、中身の重さが伝わってくる。

動き出した列車の中で、食べ始めた。


かれい川 百年の旅物語 ¥1080


かれい川 花の待つ駅 ¥1080


がね(1ヶ)¥50



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■森の弁当『やまだ屋』
 鹿児島県霧島市隼人町小田1672-2

 電話:090-2085-0020
 販売:土、日、祝日のみ
  嘉例川駅で10:30頃~ 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。