東京都練馬区にある、手打ち蕎麦店。

タイル張りのマンション1階に、コンクリートの入口を増設。エントランスには、箱庭風に白砂利&敷石を配して、和モダンな店構え。

席数少ないようなので、電話予約してから出かけた≫人気blogランキング



西武池袋線、保谷駅近くの住宅地にある。駐車場は、玄関向かって右の路地を奥へと進むと2台分あった。



蕎麦の看板は掲げられてるが,、店があるのは目立たない。



白〜ピンクのグラデーションの暖簾をくぐり、玄関扉を開けて店内へ。



店内はこぢんまりとしてて、左手にテーブルが3つ(4人、4人、2人)、右手に6人用テーブルが配置されてた。奥に厨房があった。



壁面に、大きさ&形の異なるニッチ収納を不規則に設けてあり、飾り棚や和風照明が品よく配置されてて、しっとり隠れ家的雰囲気。

いらっしゃいませ、と30代位のきれいな女性に迎えられて、どうぞと席へと案内された。

奥の厨房では、(客席から厨房内はほとんど見えない)店主らしき男性が1人で働いてて、夫婦で切り盛りしてるよう。




料理は、¥1500、¥2500のコースのみ。

電話で予約した際、電話に出た男性に、コースを決めるよう言われたので、¥1500と¥2500のコースを注文してあった。

テーブル上には、マット、箸などがセッティングされてた。

自家製のおしぼりとお茶(そば茶)が運ばれてきた後、料理が順に運ばれてきた。

◎そば三昧コース ¥1500

左:そば豆腐
右:ほうれん草の海苔和え

最初に、そば豆腐が運ばれてきた。もっちり弾力があって、わさびがトッピングされてた。

ほうれん草の海苔あえは、のりの佃煮っぽい味がした。


左:玉味噌大根
右:そばがき

玉味噌大根は、ごく薄味で煮てある大根の上に、甘口&滑らかな玉味噌が多めにトッピングされてた。大根は、煮崩れなく、形そのままに、大根の瑞々しさを温存して煮てあった。

そばがきは、周りに、色の濃いそばつゆがかかってて、唐辛子ペースト(かんずり?)が少量トッピングされてた。

そばがきは、粗挽きらしく、ざらつきのある食感で、そばの風味がふんわり感じられる。たまり醤油風の濃い色のそばつゆが強めだった。


平打ち麺を使ったトマト&チーズのそば

チーズの風味濃厚な白濁した汁の中に、平打ちのそばが入ってて、トマトがトッピングされてた。

平打ちのやや太めのそばは、細打ちより、存在感があるが、露骨なチーズのにおいと塩分はパスタのよう。


そばつゆ

そばつゆが、とっくりで運ばれてきた。薬味は、辛み大根が添えられてた。


せいろ

そば三昧のせいろは、量がやや控えめ。1mm程の細打ちそばで、そばがポキッと折れるかのように、冷水できりりと冷やしてあった。


デザート:そばぼうろ

そばぼうろは、素朴な歯ごたえと甘さが好き。

◎おまかせコース ¥2500

玉味噌大根

玉味噌大根は、そば三昧と共通。


左:白菜のスイートチリソース漬け
右:玉ねぎの昆布だし煮

白菜のスイートチリソース漬けは、拍子切りされた白菜に、スイートチリソースが絡んで、浅漬け風の品だった。

玉ねぎは、1個丸ごと薄味で煮てあって、中は、とろけるように柔らかだった。


野菜天ぷら

しいたけ、ズッキーニ、かぼちゃ、人参、なすがきれいに並んでて、岩塩が添えてあった。ひとくちサイズで、食べやすい。


鶏すき

鶏すきは、鶏胸肉が甘しょっぱいタレで絡めてあった。加熱しすぎてなくて、鶏肉がふっくらやわらかだった。


せいろ

そば三昧のせいろより、量がたっぷり。


デザート:りんごのシナモン

りんごがやさしく煮てあった。



せいろ 左:おまかせコース
    右:そば三昧


そば湯

そば湯は、うっすら濁ってて、ナチュラル。



追加:玉子丼 ¥500

玉子丼を追加で注文。

作りたて熱々で運ばれてきた。

ごはんの上に、半熟状態の玉子だけが載ってた。ダシでごく軽くとじてあるだけで、玉ねぎなど具はいっさい入ってない。玉子かけごはんに近い玉子丼だった。

コースになってるので、料理が1品づつ運ばれてくる。料理は、単体の食材で作られてる品が多く、食材本来の味が味わえ、小鉢に多めによそってあった。3月中旬だったが、大根、白菜など、冬っぽい献立だった。

住宅地にある目立たずこぢんまりした店で、まさしく隠れ家的店。しずかに蕎麦を楽しむのによさそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■そばきり『すゞ木』
 東京都練馬区南大泉4-43-32

 電話:03-5387-2010
 営業:11:30~14:00
 定休日:木、金