グラナダにあるカフェ&バル。ホテル(AC Palacio De Santa Paula)の近くにある。

店内が、比較的明るくて、入りやすい。

軽く1杯飲むつもりで入った≫人気blogランキング



ホテル南側の路地を25m程入ったところにある。

昼時も混んでる『Maese Pio』の隣のバルに行ったら、店内が立ち飲み客でいっぱい(ひしめくくらい混雑してた)だったため、ホテルへと戻る途中で立ち寄った。

玄関ドアを開けて店内へ。



中に入ると、店内は、奥にバーカウンターがあった。

その向こう側に、30代位の男性がいて、注文受けたビールなどをグラスに注いで、カウンター越しに客に渡したりと、ちょっと1人で忙しそうに働いてたので、とりあえず空いてる席に座った。



手前は、赤&白のテーブル席(左手が白、右手が赤)になってた。

カウンターでは、20歳位の4人グループがビールを飲んでた。テーブル席には、若い女性2人が、カップ入のドリンクを飲みながら、テーブル上に筆記用具やノートを広げてた(高校生で勉強してたのかも)

普段着姿の50〜60代の男性が、私たちとほぼ同時に入店。客かと思ってたら、無言で当然のように、カウンターの向こう側へと入っていくと、再び客席へと出てきてて、どうやら、この男性が店主で、30代の息子さんらしき男性と2人で切り盛りしてるよう。

テーブル上には、メニューはなかった。

2−3分するとと50〜60代の男性がきてくれたので、ビールを注文した。英語はほとんど通じなかったが、beer、は通じた。スペインでは、ほとんどの店で、ドリンクメニューには、ワインが載ってるだけで、ビールやサングリアは表示されてないのでメニューをもらわないことにした


ビール 2.2ユーロ

すぐに、足のあるグラスでビールを運んできてくれた。しっかり冷えてて、ちょっと甘口でマイルドで飲みやすい。

ビールをグラスに注ぐ時は、最初に注いだ時に発生した泡の上部を捨ててから、泡の量を調整しながらビールをつぎ足してて、日本では見慣れない光景。


Tapas(サービス品)

ビールのすぐ後から、小皿で料理が運ばれてきた。1人1皿で、ごはんの上に、あんかけ風のイカの煮物がかかってて、棒上にカットされたパンが添えてあった。

家庭的な味付けのイカの煮もので、おふくろの味って感じ。

グラナダでは、お酒1杯に1品タパスがサービズで付いてるらしい。赤いテーブル席に座っていた男性1人客は、常連客のよう。瓶ビールを手に厨房から出てきた店主が、ビールをらっぱ飲みしながら、会話してた。2杯目のお酒を注文すると、1皿目とは違う料理が運ばれてきてた。

深酒は控えて、ビール1杯で、ホテルへ戻った。お手軽に飲むのに便利な店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『D Rechupte』
 Calle Marques de Falces,1,18001 Granada,Spain

 電話:690 805 623
 営業:
 月~金 7:00~24:00
 土 9:00~25:00
 定休日:

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。