グラナダ市にある、バル&レストラン。

グラナダのショッピング地区の中心、レコヒダス通り(Recogidas)から、60m程北に入るとある。

ウェブ上で評判が良かったので行った≫人気blogランキング



タクシー運転手(グラナダではほとんど英語が通じない)に、店名と住所を書いた紙を見せて、目的地に到着。店頭は紫色にライトアップされ、ほの暗い店内は青みかかった照明がついてて、ちょっとと入りにくい。

勇気を出して、入口のドアを開けて店内へ。



中は、右手にバーカウンターがあって、正面〜左手に、通常のテーブル&椅子と、ハイカウンターテーブル&椅子とが配置されてた。店内は8割程度の入りで、人気があるよう。

入って、どうしたらいいのかと考えて1分ほど立ってると、30代位の髭の細面のイギリス人風男性(英語は上手)が、いらっしゃいませ、と迎えてくれて、空いてた席にどうぞと言われた。

 


もう1人いた接客担当の丸顔っぽい男性(この人も英語は上手)が、メニューを説明してくれた(希望したら、英語メニューを持ってきてくれた。

料理は、小盛りと、大盛りがあって、表と裏に表示されてる。

先に、ビール、お水(炭酸なし)を注文してから、サラダや肉料理などを注文した。最初、小盛りのサラダを注文しようとしたら、大盛りがおすすめと言われたので、大盛りにした。


Pinta(ビール)2.5ユーロ

すぐに、ビールがシンプルなグラスで運ばれてきた。やや甘口タイプので、冷えてて飲みやすい。


Tapas(サービス品)

サービス品だと言って、料理&パンが盛り合わされた中皿を運んできてくれた。グラナダではドリンクを注文すると付いてくる習慣のよう。

料理は、角っぽい形のツナ&ポテト風のコロッケで、マヨネーズっぽいソースがトッピングされてて、下には、生野菜が敷いてあった。


Sangria(サングリア)2.5ユーロ
Care copa(白ワイン)3ユーロ

続いて、白ワインやサングリアを注文。ワインは、ボトルorグラスで注文できる。


Ensalad Janam(サラダ)10ユーロ

サラダが、長方形の大皿で運ばれてきた。

強くおすすめられだけあって、生野菜、木の実、フルーツなどが、カラフルに盛り合わされてて、豪華だった。異国に来た雰囲気。



Secreto Iberico con patatas a lo pobre 16.95ユーロ

Secreto Ibericoは、イベリコ豚1頭から2キロ弱しかとれない貴重な部位。焼きたて熱々で、断面から肉汁が染み出てた。食べるとジューシーで、日本で食べたイベリコ豚とは別物。ポテトの目玉焼き載せが添えてあった。とても気に入った品であった。


Viridiana de atauta(赤ワイン)3ユーロ
Xate o copa(白ワイン)2.8ユーロ

いろいろワインを追加。日本より、ずっと良質で、かなり飲んでも次の日に頭が痛くなったりしなかった。


Vasito de salmorejo(サルモレッホ)4.25ユーロ

後ろ側の席のグループが食べてたオレンジ色のスープが美味しそうなので、指さして追加注文。

スペイン南部(アンダルシア地方)に伝わるトマトとパンから作るクリーム状の冷たいスープで、上に、花びら様に、生ハムがトッピングされてた。

ポタージュより濃度のある、クリーミーな食べるスープって感じで、しっかりお腹にたまった。


Mega coulant de chocolate(デザート)6ユーロ

〆に、おすすめのデザートを注文した。

フォンダンショコラに、アイスクリーム、いちご、赤&緑のソースを添えた、派手なデザートだった。見た目よりも、味は繊細で、さすが人気店って感じ。

帰る頃には、店内は満席だった。

しっかり食べて飲んだのに、請求金額が驚くほど低価格だった。スペインに着いてから単調だったり塩味が濃すぎたりして飽きてた所だったが、この店は味付け盛りつけが上手で馴染みやすく、しっかり異国の料理が楽しめた。今回のスペイン旅行で最も気に入った店であった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『El Quinteto』
  Solarillo de Gracia, 4, 18002 Granada, Spain

 電話:958 26 48 15
 営業:13:00~24:00
 定休日:日、月