指宿温泉のご当地サイダー。

平成の名水百選で、そうめん流し発祥の地でもある指宿市の開聞唐船峡の天然湧水で作ってある。

薄青色の瓶入り(330ml)。駅などでは、土産用としてこれより小さい瓶も売られてた≫人気blogランキング



秀水園で注文した。

かつて指宿は「東洋のハワイ」と言われ、昭和30年代には、新婚旅行の発祥の地として、多くのカップルで賑わった。

指宿市のシンボルの開聞岳と池田湖を背景に、アロハシャツを着たカップルが手をつないで踊ってる。満開の菜の花と、池田湖の幻の「イッシー」も描かれ、指宿をたっぷり詰め込んだレトロなラベル。



瓶の王冠(=蓋)は、指宿市の花「ハイビスカス」柄になってる。

天然湧水、砂糖、酸味料と、シンプルな材料。



冷蔵庫で1晩冷やしておいたら、グラスに注ぐなり、シャーベット状に氷塊して、キュンと冷えてて、お風呂上がりにぴったりだった。

純朴な甘さ&すっきり切れのいいサイダーに仕上がってて、指宿の雰囲気が一層楽しめた。指宿に来たら是非とも飲むのがおすすめ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『岡村商店 指宿温泉サイダー』
 鹿児島県指宿市湊1-2-13
 電話:0993-22-3118